ホーム > 農学部について > 大学院 > 農学研究科の教育方針

農学部について

農学研究科の教育方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 農学研究科では、専門性の高い分野で高度で先端的な科学技術を修得できる大学院教育を行います。すなわち陸域・水域を問わず生物生産、生物資源利用、環境保全などに積極的に取り組み、将来の食と健康を担うべき農学分野での高度専門技術者あるいは研究者の養成を目指しています。また、農林水畜産業の生物生産から生物資源の利活用までの探求を通して、地域社会から国際社会まで幅広く活躍できる人材を育成します。そこで本研究科では以下のような人を積極的に受け入れます。

1. 農学分野の学部レベルの専門知識を修得し、さらに高度の学究に努めたい人
2. 他専門分野で学んだ知識を生かして、農学分野で新たに活躍したい人
3. 社会の経験を有し、さらに農学分野の科学知識を深めたい人
4. 食料・環境・生命・資源の関連分野において、国際的に活躍したい人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

 農学研究科では、その教育理念に基づき、幅広い知識と高度の専門技術を修得し、豊かな人間性と高い倫理性を身につけた人材を養成するため、生物生産科学専攻、地域資源管理学専攻、森林草地環境科学専攻、水産科学専攻及び応用生物科学専攻を置き、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成・実施します。

1.幅広く専門知識を修得するため、すべての学生が履修する「農学共通セミナー」を設置する。
2.専門的な高度の知識や技術を体系的に学ぶために、各専攻に必修科目と選択科目を設置する。
3.専攻分野を超えて、必要に応じて専門知識や技術を修得する全専攻共通選択科目を設置する。
4.獲得した知識や技術を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や態度を育成
  するために、各専攻に「特別研究」を設置する。
5.成績評価基準に基づき、厳格な評価を行う。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)

 農学研究科では、所定の期間在籍し、以下の素養を身につけるとともに、所定の単位を修得し、修士論文審査及び最終試験に合格した学生に、修了を認定し、学位(修士号)を授与します。

1.幅広い基礎知識と、専門分野における高度な知識及び技術を職業に活かす能力
2.修得した知識や技術を用いて社会の多様な課題を探求し解決する能力
3.食料・環境・生命・資源の関連分野において、国際的に活躍できる能力
4.高い倫理性と社会に対する責任感を持ち、人と自然との調和・共生を図ることのできる能力
5.各専攻が目標とした専門技術者としての能力

◆生物生産科学専攻

 植物生産および動物生産に関する総合的・融合的知識を基盤として持ち、 
・生物生産システムについて十分な専門的知識を有し、農業課題に対して科学的考察のできる能力
・植物生産および動物生産について高度な専門的知識と技術を身につけ、それら専門性に基づいて産業に貢献できる能力
・豊かな人間社会と環境への配慮を目指した安全で持続的な生物生産と生産物の利活用に寄与することのできる能力

◆地域資源管理科学専攻

・経済活動とともに環境に調和した、地域資源や地域生態系の適正な管理・利用、評価に対処できる能力
・持続的で活力ある地域社会の構築に貢献し、地域農林業の環境政策に対して提言し得る能力
・環境と調和した豊かで美しい国土および農村空間の創造を担える能力
・食料生産・加工・流通における機械化・装置化など農業生産環境の向上・発展を担える高度な専門技術者および研究者
としての能力

◆森林草地環境科学専攻

・森林・草地生態系およびそこで生産される植物資源の特性を理解し、農学の視点から総合的な森林
・草地生態系の管理、持続的生産および資源利用に資することができる、高度専門的職業人(技術者)、博士課程進学者
および研究者としての能力

◆水産科学専攻

・水圏環境の保全、生物資源の管理、増養殖および利用に関係し、また水圏環境と生態系を豊かな創造性と独創性を持って
深く洞察できる基礎知識を十分身につける能力
・水産業に関連した社会的要請や情勢を適格に判断でき、実務能力があり、社会の中でリーダーシップを取れる能力
・水圏生物と人間社会との共存の本質を理解した上で、問題点を指摘して自ら解決し、それらの研究成果を発信すること
により、水産科学が関連する産業、教育および文化の発展に貢献できる高度な技術者や研究者としての能力

◆応用生物科学専攻

・生物機能や食品機能を多方面から理論的に理解できる能力
・応用生物科学分野に関して、国際的に情報を発信できるための語学能力とプレゼンテーション能力
・応用生物科学分野に関する実験から得られた情報を正確に解析できる能力
・応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術に寄与できる基礎的能力と創造力
・応用生物科学分野に関して、目的達成のための計画をデザインし、調査研究を進め、まとめる能力

このページの先頭へ