ホーム > 農学部について > 大学院 > 生物生産科学専攻

農学部について

生物生産科学専攻

生物生産について、より深く探求する。

 本専攻では、植物と動物を対象に「いかに生物生産を行うか」という農学の基本的課題の一つに焦点を当てた専門教育を行います。これからの動植物の生産は単に多収を目的とするだけではなく、生産過程の効率化と環境負荷の低減や生産物の安全性・品質の向上・安定的供給などが社会的に強く望まれています。 このような観点から植物生産および動物生産の両分野の専門教育を深化させ、また、両分野を有機的に連携した新しい生物生産システムを志向する教育研究を行います。

教育目標

植物生産の分野では植物機能の開発・向上、生産に関わる生物環境の解析・制御、生産物の利用・品質向上などに関する教育を、また、動物生産の分野では動物の発生・発育過程における生理機能解析、育種・選抜等による機能開発、動物機能制御による品質向上、動物を中心とした生態系の動態解明などに関する教育を通し、「いかに生物生産を行うか」という課題に取り組む能力を身に付けます。

■生物生産科学専攻には、植物生産科学と動物生産科学の2つの領域があります。それぞれの教育研究指導分野と主な授業科目は下表のとおりです。

履修内容

修士(農学)モデル:植物生産および動物生産の両分野の科目から、生物の持続的生産に関連する基礎科学(農園芸作物の生産、病害虫の制御、生産物の保蔵・利用に関する科学、あるいは、家畜等の有用資源動物の生産・開発・利用・保全に関する科学)に関する講義を履修し、それら基礎科学を発展・応用した科目である特別研究を履修します。

養成する人材

植物生産および動物生産に関する総合的・融合的知識を基盤として持ち、  ① 生物生産システムについて十分な専門的知識を有し、農業課題に対して科学的考察のできる人材、 ② 植物生産および動物生産について高度な専門的知識と技術を身につけ、それら専門性に基づいて産業に貢献できる人材、 ③ 豊かな人間社会と環境への配慮を目指した安全で持続的な生物生産と生産物の利活用に寄与することのできる人材の養成を目標としています。

アドミッションポリシー

① 植物生産に関する基礎科学分野(作物学、果樹園芸学、野菜・花き園芸学、植物病理学、応用昆虫学、青果保蔵学など)に積極的に取り組もうとする人。

② 動物生産に関する基礎科学分野(動物遺伝育種学、動物栄養生理学、動物生殖制御学、動物生理生化学、動物環境管理学など)に積極的に取り組もうとする人。

③ 生物生産に関する応用分野(生産過程の効率化、環境負荷の低減、生産物の安全性・品質の向上、収量の安定確保など)に積極的に取り組もうとする人。

このページの先頭へ