ホーム > 農学部について > 大学院 > 応用生物科学専攻

農学部について

応用生物科学専攻

生物科学をより深く応用し、未来へ役立てるために

 本専攻では、地域や国際社会がかかえる生命・食料・環境問題に応えるため、動物、植物、微生物並びにそれらを利用した食品が持つ機能やそれらを育む土壌が持つ機能を生化学的、遺伝子工学的あるいは食品機能学的に解明するための教育研究を行います。

教育目標

本専攻では、以下に述べるような能力を身につけることを教育目標とします。
①生物機能や食品機能を多方面から理論的に理解できる能力。
②応用生物科学分野に関して、国際的に情報を発信できるための語学能力とプレゼンテーション能力。
③応用生物科学分野に関する実験から得られた情報を正確に解析できる能力。 
④応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術に寄与できる基礎的能力と創造力。 
⑤応用生物科学分野に関して、目的達成のための計画をデザインし、調査研究を進め、まとめる能力。

■応用生物科学専攻には、生物機能科学と食品機能化学の2つの領域があります。それぞれの教育研究指導分野と主な授業科目は下表のとおりです。

履修内容

修士(農学)モデル:応用生物科学専攻の一般的な履修モデルであり、農学共通セミナー以外に、本専攻が開講する応用生物科学特別研究や各種特論などを履修します。この中で、生物機能科学領域では、生物機能科学共通セミナーをはじめ、応用生物化学、微生物機能開発学、植物遺伝育種学、植物栄養・土壌肥料学に関連する特論を主として履修します。また、食品機能化学領域では、食品機能化学共通セミナーをはじめ、食品科学と栄養化学に関連する特論を主として履修します。

養成する人材

生物科学に関わる知識と技術を有し、応用生物科学分野での科学技術の発展に寄与できる総合的な知識と実践力を備えた高度専門的技術者および研究者を養成します。また国際化・情報化時代に対応できる人材の育成を目指します。 本専攻の修了生は、農業、化学、食品、医薬等の分野の技術者・研究者としての活躍が期待されます。

アドミッションポリシー

① 応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物栄養・土壌肥料学の生物機能科学に関連するより高度な専門知識と先端技術を身につけたい人。
② 食品科学、栄養化学の食品機能化学に関連するより高度な専門知識と技術を身につけたい人。
③ 応用生物科学分野で国際的に活躍する意欲のある人。

このページの先頭へ