ホーム > 農学部について > 大学院 > 水産科学専攻

農学部について

水産科学専攻

水産科学の専門知識を、さらに深化させる

 本専攻では、海洋・河川・池沼など水圏における生物生産につながる幅広い基礎的知識と応用科学を教育研究し、水圏生物の生物多様性及び生態系との調和を前提とした生産・利用技術に関して倫理的かつ高度な専門的知識の修得を目指します。
 延岡フィールドにおける実践的フィールド教育とともに、宮崎地域における唯一の水産科学分野のシンクタンクとして、研究推進、産業振興ならびに後継者育成における中心的役割を果たしています。

教育目標

水圏における生物生産学分野の基礎的な知識と最新の応用分野が効率よく学べる講義および研究指導を行っています。研究の計画・実行、結果解析、論理的な文章作成、成果の公表に関して、実務能力を身につけられる教育および研究指導を行います。

■水産科学専攻の教育研究指導分野と主な授業科目は下表のとおりです。

履修内容

修士(水産学)モデル:水圏生物資源の保全・増養殖・利用など水産科学分野について幅広く学び、水圏環境と生態系を深く洞察できる基礎知識を十分身につけ、水圏環境の保全や水産に関わる産業、行政、教育および文化等の発展に貢献できる豊かな創造性と独創性を備えた技術者や研究者の養成を目指します。

養成する人材

① 水圏環境の保全、生物資源の管理、増養殖および利用に関係し、また水圏環境と生態系を豊かな創造性と独創性を持って深く洞察できる基礎知識を十分身につけた人材。
② 水産業に関連した社会的要請や情勢を適格に判断でき、実務能力があり、社会の中でリーダーシップを取れる人材。
③ 水圏生物と人間社会との共存の本質を理解した上で、問題点を指摘して自ら解決し、それらの研究成果を発信することにより、水産科学が関連する産業、教育および文化の発展に貢献できる高度な技術者や研究者。

アドミッションポリシー

① 水圏生物に関するマクロな視点での基礎科学分野(魚類学、海洋多様性生物学、水族生態学、水圏環境学)に積極的に取り組もうと考える人。
② 水圏生物の生産に関する応用科学分野(水産増殖学、水族病理学、海洋生物生産化学)に積極的に取り組もうと考える人。
③ 水圏生物に関するミクロな視点での基礎・応用科学分野(水域生物生理学、魚類繁殖生理学、マリンバイオテクノロジー)に積極的に取り組もうと考える人。

このページの先頭へ