ホーム > 農学部について > 大学院 > 地域資源管理科学専攻

農学部について

地域資源管理科学専攻

地域産業に貢献する知識を深める。

 本専攻では、農林業生産の基盤となる水資源や土地資源、機械や施設構造物に関する技術資源、生産・流通を担う人や組織などの人的資源や情報資源などの総合的な管理・運用・評価に必要な知識と技術の修得を目標とした教育・研究を行います。

教育目標

農林業における資源、環境の実態を定量的に把握・分析するための知識や、課題攻略方法の立案、計画、実施、とりまとめおよび報告の一連の作業を実施し得る能力を身に付けます。また、地域計画に基づいた農業・農村における生産基盤整備と環境整備・保全および機械化を実践できる高度な専門知識と先端技術を修得します。

■地域資源管理科学専攻には、農林資源計画学と生産環境工学の2つの領域があります。それぞれの教育研究指導分野と主な授業科目は下表のとおりです。

履修内容

修士(農学)モデル:農林資源の管理・持続的運用に関連する科目、地域社会の分析・計画に関連する科目ならびに農業・農村の環境整備・保全・機械化に関連する科目など、地域農林業を発展させるための高度でより実践的な講義や特別研究を履修します。

養成する人材

経済活動とともに環境に調和した、地域資源や地域生態系の適正な管理・利用、評価に対処できる人材、 持続的で活力ある地域社会の計画に貢献し、地域農林業の環境政策に対して提言し得る人材、 環境と調和した豊かで美しい国土および農村空間の創造を担える人材、 食料生産・加工・流通における機械化・装置化など農業生産環境の向上・発展を担える高度な専門技術者および研究者の養成を目指します。

アドミッションポリシー

① 農林資源の管理・持続的運用に関する研究に積極的に取り組もうとする人。
② 地域社会における資源、環境の分析、および地域計画に関する研究に積極的に取り組もうとする人。
③ 農業・農村の環境整備・保全や農業の機械化・知能化など農業生産環境工学分野に興味を持ち、積極的に取り組もうとする人。

このページの先頭へ