宮崎大学農学部 6学科の紹介

植物生産環境科学科

グローバルな植物生産の知識と開発力・指導力を身に付ける

植物生産環境科学科では、農学に関する基礎知識、植物生産、生産環境、並びに環境調和型農業に関する基礎的・応用的知識、専門分野に関する国際的視点、社会貢献力および指導力を身に付けた人材の育成を目標としています。

syokubutu1

◆求める学生像(定員52人)

  • 安全・高品質な農・園芸作物の安定供給に対して熱意を持って取り組み、自然現象に対する強い知的好奇心と自然環境に配慮した農業生産に対する関心を有する人
  • 実験や観察において深く考察し、その結果を表現する力、大学での学修の基盤となる幅広い知識や理科の基礎的学力を有する人
  • 学修を通して獲得した知識・スキル・行動力を地域・社会に還元することができ、国際的な視野と責任感を有する人

◆学科の特色/ユニークな教育・研究例

【植物の抵抗性と天敵を活用した、環境と農家に優しい農業】
 
1syokubutu  畑や果樹園に良い虫(天敵)を呼び込むための天敵温存植物の研究や植物を強くする研究、病害虫診断法の開発などを行っています。農家と一緒に作った共同実験ほ場や地域農家ほ場で試験し、農家のための環境保全型技術を宮崎大学から発信します。こうした活動をもとに地域農家を支援するプラントクリニック(植物病院)が始動します。






新しい高品質野菜生産のための研究】
 
2syokubutu  野菜の生理・生態を明らかにする研究やトマトにストレス(乾燥や塩)を与えて食味・機能性成分を高める研究,野菜の新しい栽培システムを開発する研究など様々な課題に取り組んでいます。これらの研究から新しい高品質野菜生産について考えていきます。









【地域で生産される様々な果樹の品質・生産性向上に関する研究】
 
3syokubutu  宮崎県で栽培されるライチやマンゴーの試験管内ミクロ繁殖に関する研究や、カキの樹を小型化するわい性台木の研究、また日向夏(ヒュウガナツ)の種無し果実生産に関する研究を通して、地域の果樹生産の振興に寄与するような研究を行っています。







【GAPを通じた食の安全管理のための教育】
 
4syokubutu  農業生産工程管理(GAP)に対応できる専門知識や技術を持った人材を社会に送り出すための実践的な教育を行っています。これまでに189名がJGAP指導員資格を取得しました。







◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(農業・理科) ■学芸員 
■食品衛生監視員 ■食品衛生管理者 ■自然再生士補 
■JGAP指導員 ■普及指導員


※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

おもな就職先

■公務員 ■教員 ■試験研究機関 ■農業団体 ■植物園 
■種苗会社 ■農業法人 ■食品製造加工業 ■農薬医薬産業 
■緑化産業 ■肥料会社 ■天敵関連企業 ■食品流通業 
■農業土木関連産業 ■農業機械関連産業 ■農産施設関連産業 
■国際協力機構(JICA) ■金融業 ■マスコミ 
■自営(就農) ■大学院進学ほか


植物生産環境科学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~agrenv/


宮崎大学農学部 6学科の紹介

森林緑地環境科学科

森林がもたらす環境の保全と資源の利活用を学ぶ

森林緑地環境科学科では、森林・緑地の機能に関する基礎的・応用的知識と国際的視点や課題解決能力、自然環境や国土保全および水資源利用に関する基礎的・応用的知識・樹木・菌類および非生物材料の特性に関する基礎的・応用的知識、多機能型森林緑地管理に関する基礎的・応用的知識と計画・実行力、環境と調和した材料の開発力と緑化の実践力を身に付けた人材の育成を目標としています。

sinrin1

◆求める学生像(定員52人)

  • 森林・緑地の環境保全と生態系の修復、森林資源や水資源の循環的・安定的利用に対して熱意を持って取り組み、森林・緑地に関連する自然科学と社会現象に幅広い興味や関心を有し、実験や観察において深く考察し、その結果を表現する力、大学での学修の基盤となる幅広い知識や理科に関する基礎学力を有する人
  • 学修を通して獲得した知識・スキル・行動力を社会の一員として地域・世界に還元する情熱と責任感を
    持つ人材

◆学科の特色

研究:グローバルな視点から探求する
【森林緑地の機能を高め、生物多様性を保全する】
 
 水源を涵養する緑のダム、二酸化炭素の吸収源、木質バイオマス資源の供給、都市のヒートアイランドの防止、生物多様性の保全など、森林緑地には様々な機能が期待されています。本学科では、森林緑地の機能を地域規模や全国規模で計測・評価し、高度なシミュレーション手法等を用いて、森林緑地の望ましい姿やその実現策を探っています。
1sinrin



【地球規模での水資源の探査と長期生態系モニタリング】
 
2sinrin
 森林・緑地・地球環境・そして何より人間が生きていくために欠かせない「水」。本学科では地球の水環境とその変化について、宇宙航空開発研究機構(JAXA)と連携しながら、気候変動観測衛星(GCOM-C1)を使って宇宙から継続的にモニタリングする方法の開発に取り組んでいます。また国内では、環境省の「モニタリング1000」プロジェクトと連携しながら森林生態系の動態を観測しています。








教育:フィールド実習の充実、最先端バイオマス科学
森林緑地フィールド実習Ⅰ
 
森林バイオマス科学実験・木材化学実験
 
 森林緑地環境科学科に入学した新入生は、まず森林緑地環境科学がどのような分野なのかを理解するために、関連する領域の様々なフィールドに実際に出かけ、実物を見て、体験します。実習の一例として、霧島錦江湾国立公園を訪れ、自然植生の成り立ちや絶滅危惧植物の保全、国立公園管理のシステムや火山災害の防止策などについて学びます。  木材は、再生可能資源であるバイオマスとして注目されています。本学科では、木材の化学的特性やその利用についての分析法や取扱手法を習得します。特殊な微生物を用いて、木質のセルロース資源からバイオエタノールを生成する実験を行い、木質資源を化成品に変換する理論(バイオリファイナリー)と、関連する生物反応や酵素について学びます。
3sinrin


◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(農業・理科) ■測量士補 
■学芸員 ■普及指導員 ■林業普及指導員 
■自然再生士補 ■樹木医補 ■森林情報士2級 
■環境再生医(初級) ■2級ビオトープ計画管理士・施工管理士

※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

おもな就職先

■公務員(農水省、林野庁、県、市町村など) ■教員 
■林業 ■木材産業
■農林業関連団体(森林組合系、土地改良事業団、JA系など)
■環境・緑化・農業土木関連企業(建設コンサルタント、造園・建設会社)
■大学院進学ほか

森林緑地環境科学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~green/

宮崎大学農学部 6学科の紹介

応用生物科学科

21世紀の生命・食料・環境問題解決を目指す

応用生物科学科では、農学に関する基礎知識、数学および自然科学に関する基礎知識、応用生物科学に関する知識、技術者の社会的責任、制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる力を身に付けた人材の育成を目標としています。

ouyou1

◆求める学生像(定員57人)

  • バイオサイエンス分野の先端技術の獲得、食品機能の探求や環境保全に対して熱意を持って取り組み、動植物や微生物の機能や利用に対する深い関心を有し、実験結果や観察内容を深く考察し、その結果を表現する力、大学での学修の基盤となる化学や生物、英語に関する学力を有する人
  • 学修を通して獲得した知識・スキル・行動力を応用生物科学分野の技術者として社会に還元することのできる人材

◆学科の特色

目指す教育
 
 応用生物科学科では「生命・食料・環境問題を解決するために生物や食品に潜む機能をいかに活用するか」というテーマを中心に課題探究型の教育研究システムを用意しています。低年次には基礎教育と並行して化学に関する専門基礎科目を徹底して学習し、専門教育では生命・食料・環境を網羅する各分野の専門講義および実験を履修します。
1ouyou

特色ある研究
 
 植物、動物、魚類、微生物など幅広い生物種を研究対象に、特色ある研究を展開しています。例えば、魚病問題による水産業の生産量低下の防止につながる魚類の免疫系の解明、果樹が持つ機能性成分の解明、有機廃棄物有効利用のための微生物燃料電池など、研究テーマの多様性は応用生物科学科の特長の一つです。
2ouyou

地域貢献
 
 応用生物科学科は、オープンキャンパス、出前実験、チャレンジプログラム(在学生による企画)、女子高生のためのサイエンス体験講座、大学インターンシップなどのイベントに積極的に参加し、様々な実験・実習、講義を行っています。中高生をはじめとして、地域の皆様にサイエンスの面白さを伝える活動に力を入れています。
3ouyou


◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(農業・理科)
■学芸員 ■食品衛生監視員 ■食品衛生管理者
■普及指導員 ■毒物劇物取扱責任者

※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

おもな就職先

■食品製造業 ■流通業 ■醸造業 ■医療・製薬関連企業
■化学工業 ■環境化学関連企業 ■農業関連団体 ■公務員
■教員 ■大学院進学ほか

応用生物科学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~abs/

宮崎大学農学部 6学科の紹介

海洋生物環境学科

柔軟な視点で海の生物や環境の未来を考える

海洋生物環境学科では、農学に関する基礎知識、水圏に関する専門的基礎知識と専門的知識を応用できる能力、環境と食糧生産の諸問題に関する分析力、環境と食糧生産の諸問題の解決に貢献する力、地域社会や国際社会で活躍できる能力を身に付けた人材の育成を目標としています。

kaiyou1

◆求める学生像(定員33人)

  • 海洋生物や水圏環境の保全、水域生物の生産・利活用、水族の生理機能に深い興味を有し、海洋環境と生物生産の諸問題の解決に熱意をもって取り組み、実験や観察において深く考察し、その結果を表現する力、大学での学修の基盤となる幅広い知識や自然科学に関する基礎学力を有する人
  • 学修を通して獲得した知識・スキル・行動力を社会の一員として地域・世界に還元することのできる人材

◆学科の特色

絶滅危惧種の再生
 
kaiyou
 海洋生物の繁殖・成長戦略を遺伝子レベルで解析し、これまで知られていなかった海洋生物の生理・生態の解明に取り組んでいます。これらの知見は絶滅が危惧される希少なサメや、資源量が減少しつつあるウナギの繁殖方法への応用が期待できます。また主要養殖種であるサクラマスやアワビの成長促進について研究しています。








美味しいエビの安全・安心な繁殖生産
 
kaiyou
 宮崎県の東方に広がる日向灘は天然クルマエビの一大生産地として知られています。日向灘のクルマエビは日本でも有数の優れた形質を持つ集団で、日本のクルマエビ養殖用の親エビのほとんどがここ日向灘から供給されています。一方で、近年漁獲量の減少により、クルマエビ資源に危機が迫っています。クルマエビやブラックタイガーエビの再生産に向け、安全・安心な養殖生産を目指しています。






海洋バイオ燃料の開発
 
kaiyou
 限られた資源んである石油等の化石燃料に代わる次世代エネルギー源確保のため、海洋未利用資源を用いたバイオ燃料の生産に取り組んでいます。海洋性微生物の中には細胞内に著量の油を蓄積する"油糧微生物"が数多く知られています。これらの微生物の中には、増殖が早く高密度培養が可能な種が存在しており、次世代燃料資源として期待されています。







◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(水産・理科) ■学芸員
■普及指導員 ■食品衛生監視員 ■食品衛生管理者
■エマージェンシー・ファースト・レスポンダー ■潜水士


※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

おもな就職先

■水産物・食品・飼料製造流通関連企業 ■漁運・漁協等団体 
■船舶会社 ■保険会社 ■医薬品関連企業 
■水族館・博物館・海洋観光業 ■公務員 ■教員
■環境アセス・コンサルタント ■試験・研究所 ■大学院進学ほか

海洋生物環境学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~fishery/

宮崎大学農学部 6学科の紹介

畜産草地科学科

牛や草に触れながら、あなたの可能性を伸ばしてみませんか?

畜産草地科学科では、農学に関する基礎知識、草地・飼料、家畜、資源・環境および食料・畜産業・農村に関する基礎的・応用的知識・技能、専門分野に関する国際性と課題解決能力を身に付けた人材の育成を目標としています。

tikusan2

体尺測定

 

◆求める学生像(定員61人)

  • 資源循環、環境の保全、家畜の福祉などに配慮した持続的な畜産業の構築に対して熱意を持って取り組み、動植物に対する幅広い興味や関心を有し、実験や観察において深く考察する能力を有し、その結果を表現する力、大学での学修の基盤となる幅広い知識や生物、化学に関する基礎学力を有する人
  • 学修を通して獲得した知識・スキル・行動力を社会の一員として地域・世界に還元することのできる資質を有する人材

◆学科の特色

家畜の生産性を持続的に高めていくための研究
 
 動物遺伝育種学研究分野では、日本有数の畜産地帯である南九州の立地を活かし、肉用牛および豚の生産性を高めるために、超音波を利用した産肉能力の推定、集団遺伝学的アプローチによる遺伝能力の推定および遺伝生化学的アプローチによる遺伝子レベルの解析によって、遺伝的な要因を明らかにする研究を幅広く行っています。さらに、繁殖能力のように集団を維持して行く上で必要な能力の向上によって、経済動物としての家畜の生産性を持続的に高めて行く研究も行っています。
1tikusan.jpg


草地の生産性向上や持続的な利用のための様々な管理方法に関する研究
 
 家畜の生産基盤となる草地の生産性向上および草地の環境保全機能の向上に関する教育・研究を行っています。有用な土壌微生物の利用、牧草の刈取りや雑草防除などの管理、新たに導入した牧草の評価をはじめ土壌環境や家畜排泄物の有効利用についても取り組んでいます。
2tikusan.jpg


動物に関わる産業界へ貢献できる人材の育成
 
 2018年4月から、3、4年生を対象に産業動物コンサルタント育成プログラム(通称、ICEプロ)を開講します。家畜生産の拡大と生産性の向上を図り、畜産物の生産加工・流通・販売までをトータルにコンサルタントすることができる人材の育成を目指します。このプログラムでは、家畜飼養管理学、産業動物経営学、畜産簿記学などに加え、西日本最大級の大学附属農場(住吉フィールド)を拠点とした草地・飼料作物管理、情報処理、家畜審査登録などの様々な実習・演習を行います。さらに、研究機関、畜産関係団体、生産者など、動物に関わる実際の業務の現場において、短期(3年生、2週間程度)、長期(4年生、2-3ヶ月)の体験型の研修を行い、コンサルタントに必要な知識・技能を身につけることかできます。
3tikusan.jpg


◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■高等学校教諭一種免許状(農業・理科) ■学芸員
■食品衛生監視員 ■食品衛生管理者 ■普及指導員
■家畜人工授精師 ■飼料製造管理者 ■実験動物一級技術者


※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

 

おもな就職先

■公務員 ■農業関係団体 ■試験・研究所 ■飼料・種苗会社
■畜産食品加工・流通 ■畜産業(牧場) ■草地畜産コントラクター 
■緑地・緑化産業 ■環境アセス・コンサルタント ■教員
■動物園 ■大学院進学ほか

畜産草地科学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~ags/

宮崎大学農学部 6学科の紹介

獣医学科

最先端の教育・研究環境で高い実践力を身につける

獣医学科では、農学に関する基礎知識、獣医専門知識、獣医的倫理観、獣医的応用・実践・開拓力、地域・国際社会への貢献能力を身に付けた人材の育成を目標としています。

juui1

 

◆求める学生像(定員30人)

  • 大学での学修の基礎となる幅広い知識や理科、数学、語学に関する基礎学力を持ち、自然科学に対する幅広い興味や関心を有し、ヒトと動物の健康ならびに福祉の向上に必要な高度な専門知識の修得に対して主体的に取り組むことができる人材

◆学科の特色


産業動物内科学
1jyuui
 牛の脂肪壊死症は、腹腔内脂肪組織が変性壊死を起こして硬い腫瘤を形成し、腸管の狭窄、腎臓の萎縮、流産などの障害を生じる疾病です。宮崎県では年間100頭近くの和牛の繁殖用雌牛が、この疾病により死亡・廃用となっており、大きな経済的損失となっています。本研究室では、医学部と共同で発症機序の解明、診断法の開発、新たな治療・予防法の開発に取り組んでいます。













獣医機能生化学
2jyuui
 iPS細胞の樹立成功以来、再生医療への期待が高まっています。獣医療における再生医療など高度獣医療へ対応するため、人再生医療研究で蓄積されたiPS細胞研究、体性幹細胞研究を獣医療に応用し、伴侶動物(犬や猫)や産業動物の病気を治すことができる獣医再生医療技術の開発を行っています。








人獣共通感染症教育・研究プロジェクト
 国際的にも通用する人獣共通感染症対策のリーダーとなり得る獣医師を育成するため、“ラボ(研究室)からフィールドまで”をキーワードにした新しい人獣共通感染症教育モデル・カリキュラムを開発し、その実践を行っています。
3jyuui


◆教育研究の専門分野

詳しい授業の内容は・・・シラバス検索へ
https://syllabus.of.miyazaki-u.ac.jp/syllabus/index2.jsp

取得可能な免許・資格

■獣医師(国家試験受験資格) ■高等学校教諭一種免許状(農業)
■学芸員 ■食品衛生監視員 ■食品衛生管理者

※諸条件を満たした場合に取得が可能です。詳しくはこちら

おもな就職先

■伴侶動物の臨床(イヌ、ネコなどの獣医師)、
■産業動物の臨床(ウシ、ブタなどの獣医師)、
■医薬品会社(営業職、研究職など) ■飼料会社
■公務員(食品衛生など) ■大学院進学ほか


獣医学科のWebサイト http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/vet_HP1.htm