イベント&ニュース

第4回 園芸ボランティア報告 (2014年10月2日)

苗の移植の写真 移植した鉢の写真

2014年9月25日より木花フィールド(農場)でパンジーやビオラの苗の鉢上げが行われており、今年は学生も手伝っています。この苗は8月末に蒔いた種(パンジー9品種、ビオラ8品種)が発芽・成長したもので、鉢上げは、セルトレイ内の苗をピンセットで土ごと1つずつ引き抜き、ポットに移植していく作業です。

苗の写真技術職員の指導のもと、学生ボランティアと市民ボランティアが黙々と作業を行っていました。細い根を傷めないよう力加減に注意すること、あまり深く植えないようにすることなど、いくつかのポイントがありますが、次第に慣れるので初心者でも問題なく参加できるようです。

今回植えられた苗は10月下旬から色とりどりの花を咲かせ、11月の木花フィールド開放の日などに販売されるほか、一部は農学部棟や獣医棟、動物病院の玄関を飾る予定です。