イベント&ニュース

熊本地震の被災地における宮大生のボランティア活動(2017年1月11日)


1 2
熊本県の被災地におけるボランティア活動のようす (宮崎-熊本支援ネットワークFBより許諾をいただいて転載)

3
11月26日の活動に参加した方々


熊本地震の被災地におけるがれき撤去などのボランティア活動に、昨年計15名の宮大生が参加しました。ただし、これは農学部ボランティア支援室で把握している人数のみで、他学部の学生さんや直接申し込んだ学生さんは含まれていません。実際に参加した人数は、これよりずっと多いと思われます。

熊本の被災地におけるボランティア活動については、宮崎-熊本支援ネットワーク(通称MK団)さんが、宮崎と熊本とを往復するバスを手配してくださっていました。このバスは、被災地の支援を希望する宮大生にとって、非常に大きな力となりました。災害ボランティア活動に初めて参加する学生にも安心して勧めることができました。ほんとうにありがとうございました。

MK団さんによる定期的な熊本震災支援活動は、2016年11月で一旦終了し、今後は支援要請があった時に対応していく仕組みとなるそうです。また募集情報などがありましたら、メール配信と掲示にてお知らせします。