ホーム > のうがく図鑑  第19巻「寄生虫と糞闘する日々」

のうがく図鑑



のうがく図鑑


バックナンバー(第19巻)

    寄生虫と糞闘する日々







    野中 成晃 (農学部・獣医学科・教授)



     私は、獣医学科に籍を置いて、動物の寄生虫に関する研究を行っています。寄生虫がどのようにして病気を引き起こすのか、どのように治療できるのか、さらには動物がその病気にかからないためにどうすればよいのか、など、寄生虫と病気に関連する研究が主です。
     人の世界、とくに日本のような先進国では寄生虫病は希な病気になっていますが、動物の世界ではまだまだ問題が山積みです。寄生虫と呼ばれる生物には、原虫と呼ばれる単細胞生物から、体の中に寄生する線虫、条虫、吸虫、さらには体の表層で暮らすヒゼンダニやシラミ、あるいは吸血のために一時的に動物と接触する蚊やアブなどが含まれます。寄生虫だけみても、多種多様な生物が対象となるのですが、寄生虫には、幼虫が育つ動物と親虫が育つ動物が異なるものがあります。寄生虫が寄生する動物を宿主と呼びますが、宿主の種類も多種多様であるため、寄生虫の生活を理解するためには動物に関する博学的知識(幅広い知識)が必要となります。
     例を挙げると、犬や人の肺には肺吸虫という寄生虫の親虫が寄生します。親虫は肺の中で卵を産むのですが、その卵は気管を咽頭まで遡り、その後、痰とともに口から体の外へ出るか、食道、胃、腸を経て糞便とともに体の外へ出ます。その後、雨などで流れて卵が水場にたどり着くと、幼虫が孵化し、淡水性の巻き貝に侵入します。巻き貝の中で幼虫は増殖しながら発育し、形を変えて別の段階の幼虫に育ちます。その後、形を変えた幼虫は巻き貝から出て、サワガニ等の淡水性のカニの中に入り込んで、さらに形を変えます。このカニの中で育った幼虫を犬や人が食べると、幼虫は腸から体内に侵入してお腹の中を移動し最終的に肺にたどり着いて親虫に成長します。この1例を見ても寄生虫の生活が非常に複雑なことがわかりますね。
     寄生虫がなぜこのような複雑な生活を作り上げたのか、宿主の体の中をどうやって移動しているのか、私の一番の興味はこれらの疑問への答えを出すことにあるのですが、まだまだわからないことだらけです。獣医の世界では主に犬や猫などの伴侶動物と、牛、馬、豚、鶏などの産業動物の寄生虫を扱うことが多いのですが、それらの寄生虫を理解するためには、上記の例で挙げたように、寄生虫が伴侶動物や産業動物にたどり着く前に利用している他の動物(宿主)にも焦点を当てた研究が必要になってきます。特殊な生活をする寄生虫は、私たちの生活衛生や健康の向上、時には人生そのものに大きなヒントを与えてくれることもあります。そんな寄生虫を相手に、時には文字通りに糞まみれになりながら、彼らとうまく付き合っていく方法を模索しています。我々の調査研究の様子を撮った写真を挙げましたので、ご覧下さい。


    1

    2
    3

    4
    5



     

    このページの先頭へ