ホーム > のうがく図鑑

のうがく図鑑



のうがく図鑑

内容:教員や職員の経験や知識をもとに、教育や研究のおもしろさ、楽しさ、喜び、達成感、苦しみ、悩みなどについて語ります。
著者:農学部・教職員


まえがき

 大学の先生は、とにもかくにも、忙しい。研究費の管理、物品発注、旅費の請求、各種調査依頼に対する対応、自身の評価書の作成や研究室の掃除などの個人的な業務のほかに、大学や学部の管理運営まで、教授から助教まで多少の仕事の違いはあれど、おおむね等しく忙しい。最近は、これに加えて、地域の中核拠点として、産業や教育の活性化を目的とした地域への貢献も重要な仕事になっている。従って、夜遅くまでの勤務や土日の出勤もいとわない。世間で言うところのブラック企業といわれても仕方がない。このような状況で、文句も言わず(よく耳にはするが)、声高に叫ばないのには訳がある。このような苦労をしても、やりたいことや守りたいことがあるからである。それは、大学としての本来の仕事、つまり教育や研究にほかならない。そこに、研究の楽しみや喜びがあり、学会発表や論文執筆を通して世間に知らしめる達成感がある。また、それらの面白さを学生に伝える教育の醍醐味を味わえるからこそ、苦労をいとわないのである。幸いにも、宮崎大学農学部は、農学、それは、あらゆる分野を含む総合科学であり、基礎研究から応用研究まで幅広く教育や研究を扱っているので、いろいろな分野で奮闘している教員や職員の話題にはことかかない。教育や研究の楽しさ、喜び、おもしろさ、悩みや苦しみなど、教員や職員の経験や知識を元に興味ある物語を提供してくれるものと期待している。
 最近、高校生の理科離れや日本人の博士課程大学院生数が減少している現状がある。この要因の一つとして、本来の科学することの面白さや大学での教育の楽しさが、進学を考えている中学生・高校生に伝わっていないためではないかと考えている。本企画を通して、宮崎大学農学部に入って教育を受けたい、研究をやりたい、そして将来の職業の選択枝の一つとして研究者を目指したいという若者が一人でも増えることを期待している。

農学部長 香川浩彦


最新巻

「木に化ける」仕組みにせまる!


TSUYAMAT







 津山 濯 (森林緑地環境科学科・助教)



 みなさんのすぐそばの植物。そう、その植物は今日も「木に化ける」ことを一生懸命しているかもしれません。

1
図1 道端の雑草やスーパーで売っている豆苗も「木に化ける」

 世界には何千年も生きる樹木が存在し、切り倒されてからも千年以上も木造建築物等として維持するものも存在します。木が長生きし、長持ちする驚異的な力には、実は「リグニン」と呼ばれる物質が関係しています。リグニンは木に特に多く含まれる細胞壁成分で、植物がリグニンを合成することを「木化(もっか)」と呼びます。そう、「木に化ける」のです。
 樹木はリグニンのおかげで大きな樹体を支えることができ、微生物や虫などに分解されにくくもなります。そしてリグニンのおかげで、地中の根から時に100 mを越す樹体の先端まで、効率よく水を運ぶことができると言われています。

2
3
図2 ポプラの木部組織。リグニンを赤紫色に染めている 図3 A、豆苗の根。B、豆苗の根の顕微鏡像。リグニンを赤紫色に染めている。矢印:水の通り道である道管


 実は木だけでなく、全ての維管束植物が「木化」しています。コケなどリグニンを持たない植物は水気の多い所でしか生きられませんが、リグニンを獲得した維管束植物は根を伸ばし地中深くの水を利用することで、陸上の様々な環境で生育できるようになりました。リグニンのおかげで陸上に広く植物が分布し、リグニンのおかげで、私たちヒトも含めた陸上動物が繁栄していると言っても過言ではありません!

4
図4 様々な環境で植物は繁栄している

 リグニンは現在ますます世界で注目が高まっています。それは持続可能な資源であるバイオマスを活用する際にリグニンが鍵となるからです。細胞壁の糖成分を利用する際にはリグニンが邪魔になります。その一方で、リグニンは石油に代わる芳香族原料として活用が模索されています。リグニンの生合成メカニズムを解明し、リグニンの量や質を調節することで、木質バイオマスのさらなる有効活用が可能になると期待されます。


 私は樹木やタケ、シロイヌナズナなど、植物がどのように木化するかを研究しています。木化には、リグニンモノマーの細胞内での生合成、細胞内から細胞外への輸送、細胞壁での重合の3段階がありますが、このうち輸送に関してはほとんど分かっていません。そこでリグニンモノマーの輸送メカニズムを解明しようと実験をしてきました。
 詳細は省きますが、私が樹木を使って明らかにした輸送メカニズムは、シロイヌナズナの葉で報告された輸送メカニズムと異なるものです。私の結果から考えられるモデルは国際学会で発表してもなかなか信じてもらえません。私自身、別のよりシンプルなモデルだと思っていたのですが、何度実験してもそのような結果は得られていません。シロイヌナズナの葉には木化する細胞はごくわずかしかありませんので、木化を活発に行う樹木とはメカニズムが異なる可能性があります。樹木での輸送メカニズム解明に向けて、現在も実験を進めています。

5
6
図5 シロイヌナズナ 図6 国際学会にて

 研究で明らかにしようとするものは、何が正解か誰も分かりません。今皆が信じている説も、数十年後には全く違う解釈になっている可能性もあります。自然を見つめ真実を求めるときには、皆が平等であると私は考えています。中高生、大学生のみなさんが生み出すアイディアの方が、世界の誰よりも真実に近いかもしれません!
 何が真実か誰も分からない中、自然を丹念に見つめ続けることで、真実に近づき自然の美しさや巧みさにせまるワクワク。そうして見つけた自然の物質や構造、仕組みを生かし、私たちの生活を豊かにする可能性に挑戦できるドキドキ。これが、研究の喜びなのだと思います。
 みなさんも一緒に自然の秘密にせまってみませんか?




バックナンバー


 
 タイトル 
 著者名
第1巻
unagi
香川 浩彦
(農学部長・海洋生物環境学科)
第2巻
atarashii
霧村 雅昭
(植物生産環境科学科)
第3巻
tori
平田 令子
(森林緑地環境科学科)
第4巻
sport
榊原 啓之
(応用生物科学科)
第5巻
megumi
林 雅弘
(海洋生物環境学科)
第6巻
saikingaku
井口 純
(畜産草地科学科)
第7巻
atama
佐藤 裕之
(獣医学科)
第8巻
isya
竹下 稔
(植物生産環境科学科)
第9巻
daichi
清水 収
(森林緑地環境科学科)
第10巻
chikusanbutsu
仲西 友紀
(応用生物科学科)
第11巻
player
田岡 洋介
(海洋生物環境学科)
第12巻
kayanezumi
石若 礼子
(ボランティア支援室
【畜産草地科学科連携教員】)
第13巻
inochi
北原 豪
(獣医学科)
第14巻
hyuganatsu
本勝 千歳
(植物生産環境科学科)
第15巻
mirai
多炭 雅博
(森林緑地環境科学科)
第16巻
biseibutsu
井上 謙吾
(応用生物科学科)
第17巻
yamame
内田 勝久
(フィールド科学教育研究センター
【延岡】)
第18巻
bokusou
石垣 元気
(フィールド科学教育研究センター
【住吉】)
第19巻
kiseityuu
野中 成晃
(獣医学科)
第20巻
zassou
松尾 光弘
(フィールド科学教育研究センター
【木花】)
第21巻
mokuzai
亀井 一郎
(森林緑地環境科学科)
第22巻
kagakuhannou
黒木 勝久
(応用生物科学科)
第23巻
kyouzon
岩槻 幸雄
(海洋生物環境学科)
第24巻
kurogewasyu
石田 孝史
(畜産草地科学科)
第25巻
kouteieki
山崎 渉
(獣医学科)
第26巻
gap
 真 智代 
(フィールド科学教育研究センター
【住吉】教務補佐員)
第27巻
imo
 日吉 健二 
(植物生産環境科学科)
第28巻
mahou
 篠原 慶規 
(森林緑地環境科学科)
第29巻
recipe
平野 智也
(応用生物科学科)
第30巻
suisanbutsu
田中 竜介
(海洋生物環境学科)
第31巻
kusa
井戸田 幸子
(畜産草地科学科)
第32巻
message
園田 紘子
(獣医学科)
第33巻
training
福重 博貴
(フィールド科学教育研究センター
【木花】技術職員)
第34巻
tomato
圖師 一文
(植物生産環境科学科)
第35巻
design
光田 靖
(森林緑地環境科学科)
第36巻
medicalcheck
河野 智哉
(応用生物科学科)
第37巻
coral
深見 裕伸
(海洋生物環境学科)
第38巻
chikusan
安在 弘樹
(畜産草地科学科)
第39巻
aim
鳥巣 至道
(獣医学科)
第40巻
tree
山本 直之
(植物生産環境科学科)

このページの先頭へ