ホーム > のうがく図鑑

のうがく図鑑



のうがく図鑑

内容:教員や職員の経験や知識をもとに、教育や研究のおもしろさ、楽しさ、喜び、達成感、苦しみ、悩みなどについて語ります。
著者:農学部・教職員


まえがき

 大学の先生は、とにもかくにも、忙しい。研究費の管理、物品発注、旅費の請求、各種調査依頼に対する対応、自身の評価書の作成や研究室の掃除などの個人的な業務のほかに、大学や学部の管理運営まで、教授から助教まで多少の仕事の違いはあれど、おおむね等しく忙しい。最近は、これに加えて、地域の中核拠点として、産業や教育の活性化を目的とした地域への貢献も重要な仕事になっている。従って、夜遅くまでの勤務や土日の出勤もいとわない。世間で言うところのブラック企業といわれても仕方がない。このような状況で、文句も言わず(よく耳にはするが)、声高に叫ばないのには訳がある。このような苦労をしても、やりたいことや守りたいことがあるからである。それは、大学としての本来の仕事、つまり教育や研究にほかならない。そこに、研究の楽しみや喜びがあり、学会発表や論文執筆を通して世間に知らしめる達成感がある。また、それらの面白さを学生に伝える教育の醍醐味を味わえるからこそ、苦労をいとわないのである。幸いにも、宮崎大学農学部は、農学、それは、あらゆる分野を含む総合科学であり、基礎研究から応用研究まで幅広く教育や研究を扱っているので、いろいろな分野で奮闘している教員や職員の話題にはことかかない。教育や研究の楽しさ、喜び、おもしろさ、悩みや苦しみなど、教員や職員の経験や知識を元に興味ある物語を提供してくれるものと期待している。
 最近、高校生の理科離れや日本人の博士課程大学院生数が減少している現状がある。この要因の一つとして、本来の科学することの面白さや大学での教育の楽しさが、進学を考えている中学生・高校生に伝わっていないためではないかと考えている。本企画を通して、宮崎大学農学部に入って教育を受けたい、研究をやりたい、そして将来の職業の選択枝の一つとして研究者を目指したいという若者が一人でも増えることを期待している。

農学部長 香川浩彦


最新巻

魚の健康診断


KOUNOT








 河野 智哉 (応用生物科学科・准教授)



 皆さんの食卓にのぼる「魚」は、どのように生産されているのでしょうか?沿岸や遠洋などで行われる漁獲漁業や、水槽や生簀で飼育する養殖漁業など、その供給源は様々です。近年、魚介類の資源量は世界的に減少し、漁獲漁業による生産量は落ち込んでいます。一方、養殖漁業(写真1-A)による生産量は、世界的に年々増加しています。しかしながら、この生産を妨げる一つに「魚の病気=魚病(写真1-B)」があります。対策として、魚用のお薬が使用されていますが、食品としての安全性を考えると、その使用量は極力少ない方が良いのは当たり前です。しかしながら、効率的な生産を行うためには、時には薬の使用が必要となります。このむずがゆい状況を打破するためには、「魚が病気にかからなければ良い」と安直な答えが浮かびますが、何が潜んでいるか分からない海川で生きている魚、この回答を現実のものとすることは困難です。そこで私は、我々が学校や職場で受ける「健康診断」の魚版を作れば、養殖漁業における魚の健康が管理でき、魚病の発生を未然に防止または軽減できるのではないかと考えました。

 
1
写真1 養殖風景と魚病
A:給餌の様子、B1:ヒラマサのべこ病、B2:マダイのエドワジエラ症


 健康診断法を作る初期段階で、「何を指標に?」・「検査する組織は?」など、いくつかの「?」にぶつかりました。前者については、体調が悪い時や病原体感染時など、体内で迅速に応答する分子と考え、「サイトカイン」と呼ばれる免疫調節分子を指標とすることにしました。しかしながら、哺乳動物と比べ、免疫調節分子についての情報が少ない魚では、探索作業から始める必要がありました。様々な手法で探索を進め(詳細な説明は省略しますが)、19種類のサイトカインを指標とすることにしました。続いて、サイトカインの体内挙動を、迅速に(一度の検査で)調べる方法の構築に取り組みました。約2年を要しましたが、無事に方法を確立できました。次に、この方法を用い「検査する組織」についてです。できるだけ簡便で、魚を殺さない方法が良いと考え、「血液(血球)」をサンプルとすることにしました。
 健康診断法として使えるかどうかの確認は、病原細菌に感染した魚と、健康な魚の組織を観察することから始めました。感染魚において、いくつかの組織に変化(脾臓の腫大化や肝臓の充血)が認められましたので(写真2)、次に、血球におけるサイトカインの発現量を測定し、健康魚と比較してみました。その結果、感染魚と健康魚の間には明確な発現パターンの違いが確認されました。具体的には、炎症反応を制御するサイトカイン群の発現が、病原細菌の感染によって強く誘導されることが確認されました(図1)。この結果から、構築した方法が魚体内の免疫状態を知るツールになることは分かりましたが、まだまだ情報が不足しています。今後は、細菌以外の病原体感染やストレス負荷時に、どのような応答が見られるかを調べ(写真3: 実験の様子)、サイトカインの発現パターンから魚類の健康状態を把握できる管理技術にしていきたいと考えています。最終的なゴールは、養殖現場に技術を応用することですが、まだ時間がかかりそうです。目標を達成するまで、頑張りたいと思います。

 
2
写真2 健康魚と病原体感染魚における組織の観察
A およびA’:脾臓 (感染魚で腫大)
B およびB’:肝臓 (感染魚で充血)

 
3
4
図1 病原細菌感染魚および健康魚におけるサイトカイン
(19種類)の発現パターン
赤:感染魚 / 青:健康魚
写真3 実験の様子





バックナンバー


 
 タイトル 
 著者名
第1巻
unagi
香川 浩彦
(農学部長・海洋生物環境学科)
第2巻
atarashii
霧村 雅昭
(植物生産環境科学科)
第3巻
tori
平田 令子
(森林緑地環境科学科)
第4巻
sport
榊原 啓之
(応用生物科学科)
第5巻
megumi
林 雅弘
(海洋生物環境学科)
第6巻
saikingaku
井口 純
(畜産草地科学科)
第7巻
atama
佐藤 裕之
(獣医学科)
第8巻
isya
竹下 稔
(植物生産環境科学科)
第9巻
daichi
清水 収
(森林緑地環境科学科)
第10巻
chikusanbutsu
仲西 友紀
(応用生物科学科)
第11巻
player
田岡 洋介
(海洋生物環境学科)
第12巻
kayanezumi
石若 礼子
(ボランティア支援室
【畜産草地科学科連携教員】)
第13巻
inochi
北原 豪
(獣医学科)
第14巻
hyuganatsu
本勝 千歳
(植物生産環境科学科)
第15巻
mirai
多炭 雅博
(森林緑地環境科学科)
第16巻
biseibutsu
井上 謙吾
(応用生物科学科)
第17巻
yamame
内田 勝久
(フィールド科学教育研究センター
【延岡】)
第18巻
bokusou
石垣 元気
(フィールド科学教育研究センター
【住吉】)
第19巻
kiseityuu
野中 成晃
(獣医学科)
第20巻
zassou
松尾 光弘
(フィールド科学教育研究センター
【木花】)
第21巻
mokuzai
亀井 一郎
(森林緑地環境科学科)
第22巻
kagakuhannou
黒木 勝久
(応用生物科学科)
第23巻
kyouzon
岩槻 幸雄
(海洋生物環境学科)
第24巻
kurogewasyu
石田 孝史
(畜産草地科学科)
第25巻
kouteieki
山崎 渉
(獣医学科)
第26巻
gap
 真 智代 
(フィールド科学教育研究センター
【住吉】教務補佐員)
第27巻
imo
 日吉 健二 
(植物生産環境科学科)
第28巻
mahou
 篠原 慶規 
(森林緑地環境科学科)
第29巻
recipe
平野 智也
(応用生物科学科)
第30巻
suisanbutsu
田中 竜介
(海洋生物環境学科)
第31巻
kusa
井戸田 幸子
(畜産草地科学科)
第32巻
message
園田 紘子
(獣医学科)
第33巻
training
福重 博貴
(フィールド科学教育研究センター
【木花】技術職員)
第34巻
tomato
圖師 一文
(植物生産環境科学科)
第35巻
design
光田 靖
(森林緑地環境科学科)

このページの先頭へ