本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

応用生物科学科JABEEプログラム(平成25年度以前入学者)

学習・教育到達目標と各授業科目の技術者教育プログラムにおける位置付け

 地域社会のみならず地球規模で社会が直面すると予想される生命・食料・環境問題の解決に寄与できる総合農学技術者および研究者を育成するために、バイオテクノロジーによる生物機能の解明と活用、食品の機能解明とその利用および食品の安全性、および農業生産環境の保全に関わる教育を行います。すなわち、本学科の教育プログラムでは、生物と化学に関する基礎知識を十分に修得させ、応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物生産化学、食品製造学および食品栄養生化学の応用生物科学分野に関する教育を行います。


平成22年度学部改組に伴う新カリキュラムの各授業科目と学習・教育到達目標の関連を以下に記載しています(朱字は必修科目)。

     

学習・教育目標

A. 地域や国際社会が抱える生命・食料・環境に関する問題とその解決策を科学的に考える能力とその応用開発能力を身につけさせる。

(1) 南九州における応用生物科学に関連する領域の特性と問題点について正しく認識することができる。

主体的に含んでいる科目
教養発展科目(共通教育)応用生物科学概論学外研修

付随的に含んでいる科目
土壌肥料学農産食品製造学畜産食品製造学水産食品製造学植物遺伝・育種学微生物化学

(2) 生命・食料・環境問題について多面的に考えることができる。

主体的に含んでいる科目
環境と生命(共通教育・主題科目)応用生物科学概論土壌肥料学教養発展科目(共通教育)

(3) 社会科学や人文科学の価値観を認識することができる。

主体的に含んでいる科目
初修外国語(共通教育・共通科目)保健・体育(共通教育・共通科目)倫理と文化(共通教育・主題科目)現代社会の課題(共通教育・主題科目)教養発展科目(共通教育)

B. 技術者として地域および国際社会への貢献を常に意識し、応用生物科学に関連する知識・技術が社会と環境に及ぼす影響を理解すると共に、技術者の社会的責任を理解する能力を身につけさせる。

(1) 生命倫理について正しく考えることができる。

主体的に含んでいる科目
技術者倫理

付随的に含んでいる科目
倫理と文化II群(共通教育・主題科目)基礎遺伝学遺伝子工学細胞工学生命化学概論

(2) 技術者の社会における役割について十分認識することができる。

主体的に含んでいる科目
技術者倫理

付随的に含んでいる科目
倫理と文化II群(共通教育・主題科目)基礎遺伝学食品製造学食品保蔵化学食品衛生学公衆衛生学学外研修

C. 応用生物科学分野における技術的課題に関して国内外で通用するような記述力、口頭発表能力および他者と協同して仕事を進めるためのコミュニケーション能力を身につけさせる。

(1) 正しい日本語を用いた説明および分かりやすいプレゼンテーションができる。

主体的に含んでいる科目
大学入門セミナー(共通教育科目・共通科目)入門セミナーII卒業論文

(2) 応用生物科学の分野で用いられる英語で書かれた専門書や文献を読むことができる。

主体的に含んでいる科目
英語(共通教育科目・共通科目)コミュニケーション英語(共通教育科目・共通科目)化学英語I化学英語II科学英語入門セミナーII技術英語卒業論文

(3) チームで仕事をすることの重要性を理解し、適切に行動できる。

主体的に含んでいる科目
生物学実験分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験植物生産化学実験応用生物化学実験食品栄養化学実験植物機能開発学実験応用微生物学実験食品製造学実験・実習

付随的に含んでいる科目
保健・体育(共通教育・共通科目)卒業論文

D. 応用生物科学分野に関連する社会の変化に柔軟に対応するために、自発的かつ継続的に学ぶ学習態度を身につけさせる。

(1) 自分でテーマを見つけその問題点を見いだすことができる。

主体的に含んでいる科目
入門セミナーII卒業論文学外研修

(2) 自分で必要な文献等を収集することができる。

主体的に含んでいる科目
入門セミナーII卒業論文学外研修

付随的に含んでいる科目
大学入門セミナー(共通教育科目・共通科目)

(3) 応用生物科学分野で社会から求めてられている事柄を説明することができる。

主体的に含んでいる科目
応用生物科学概論入門セミナーII学外研修卒業論文

付随的に含んでいる科目
技術者倫理入門セミナーI細胞工学

E. 応用生物科学分野に関する先端的、独創的な科学技術の発展に寄与できる基礎的能力と創造力を身につけ、さらに目的達成のために計画的に調査研究を進め、まとめる能力を身につけさせる。

(1) 応用生物科学分野の先端技術に関する知識を有している。

主体的に含んでいる科目
応用生物科学概論入門セミナーI入門セミナーIIバイオサイエンス卒業論文

付随的に含んでいる科目
微生物機能開発学遺伝子工学同位元素利用論

(2) 実験データの意味を正しく考えることができる。

主体的に含んでいる科目
生物学実験分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験植物生産化学実験応用生物化学実験食品栄養化学実験植物機能開発学実験応用微生物学実験食品製造学実験・実習卒業論文

(3) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめることができる。

主体的に含んでいる科目
生物学実験分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験植物生産化学実験応用生物化学実験食品栄養化学実験植物機能開発学実験応用微生物学実験食品製造学実験・実習学外研修卒業論文

(4) 応用生物科学分野における課題を解決するための筋道をデザインできる。

主体的に含んでいる科目
植物生産化学実験応用生物化学実験食品栄養化学実験食品製造学実験・実習応用微生物学実験植物機能開発学実験卒業論文

F. 数学、生物と化学を主とする自然科学および情報技術に関する基礎的知識を身につけさせる。

(1) 応用生物科学分野で用いる数学(統計学)に関する基本的な知識を有している。

主体的に含んでいる科目
自然の仕組み I 群(共通教育科目・主題科目)基礎統計学基礎数学基礎環境資源経済学卒業論文

付随的に含んでいる科目
基礎物理学物理化学分析化学無機化学分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験

(2) 化学に関する基本的な知識を有している。

主体的に含んでいる科目
自然の仕組み II 群(共通教育科目・主題科目)基礎化学物理化学分析化学無機化学有機化学生物化学I生物化学II生物有機化学生命化学概論

付随的に含んでいる科目
分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験生物化学実験

(3) 生物学に関する基本的な知識を有している。

主体的に含んでいる科目
自然の仕組み III 群(共通教育科目・主題科目)基礎植物学基礎動物学基礎生態学基礎遺伝学基礎微生物学植物生理学生命化学概論生物化学I生物化学II

付随的に含んでいる科目
生物学実験微生物学実験生物化学実験

(4) 基本的な情報技術を有している。

主体的に含んでいる科目
情報科学入門(共通教育科目・共通科目)入門セミナーII卒業論文

付随的に含んでいる科目
生物学実験分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験

G. 6分野の応用生物科学に関する専門的技術に関する基礎知識とそれらを応用できる能力を身につけさせる。

応用生物化学・微生物機能開発学・植物機能開発学・植物生産化学・食品製造学・食品栄養生化学

主体的に含んでいる科目
生物有機化学酵素化学微生物化学植物遺伝・育種学土壌肥料学食品製造学食品保蔵化学食品化学栄養化学食品分析化学食品衛生学微生物機能開発学植物遺伝資源学食品工学水産食品製造学遺伝子工学公衆衛生学畜産食品製造学同位元素利用論農産食品製造学細胞工学植物栄養生化学バイオサイエンス生物学実験分析化学実験機器分析化学実験有機化学実験微生物学実験生物化学実験植物生産化学実験応用生物化学実験食品栄養化学実験植物機能開発学実験応用微生物学実験食品製造学実験・実習入門セミナーI入門セミナーII卒業論文




バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)