本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

学科活動

2014年度

2015年3月21日
宮崎西高校にて『第15回高校生のための化学実験教室』を開催
宮崎大学農学部応用生物科学科 主催で宮崎西高校にて『第15回高校生のための化学実験教室』を開催しました(宮崎県理科・化学教育懇談会 )。 高校生に化学の面白さを体験していただくイベントで県内各地から高校生58名に参加していただき、本学からは工学部応用環境科学科の先生方も多数出席されました。TAの学生も活躍し、大盛会に終えることができました。
2014年3月11日
平成26年度 応用生物科学科 ベストティーチャー賞を発表
西山和夫先生が受賞候補者として推薦され、受賞が承認されました。授賞理由は以下の通りです。
・学生による授業評価の質問項目15(学生の自学自習時間) でポジティブな回答が75%を上回っている。
・その他全ての質問項目についても、ポジティブな回答が75%を上回っており、平成26年度に開講した専門科目の中でも、特に優れた授業評価を受けている。
2015年3月4日
女子高校生のためのサイエンス体験講座
女子高校生のためのサイエンス体験講座において、本学科の佐伯雄一教授と女性TA2名が『PCR技術実験を使って微生物の遺伝子多様性を探ろう』というタイトルで女子高校生4名に対して、実験を実施しました。最先端の技術と機器、研究室の様子に触れていただくよい機会になったのではないかと思います。
2015年2月5~6日
本学科教員が国際シンポジウムで講演
井上准教授(環境微生物学研究室)が、名古屋工業大学にて開催された国際シンポジウムInterdisciplinary Symposium on Environmental Microbiology for Sustainable Societyにて講演を行いました。
その時の様子はこちらから
2015年2月3日
本学科教員が国際誌のEditorial Boardのメンバーに選出
酒井教授(食品衛生・免疫学研究室)が国際学会誌である「Fish and Shellfish Immunology」の Editorial Boardのメンバーに選出されました。 「Fish and Shellfish Immunology」は、魚類免疫学の分野ではもっとも権威のある雑誌で、トムソンロイター社のJournal Citation ReportsではFisheries の分野で2番目にランキング(インパクトファクターは3.03)(この分野の登録雑誌の総数は50)されております。酒井教授は、この学術雑誌にこれまで20報以上の論文を投稿し、さらに多くの投稿論文の校閲を行ったことが認められてEditorial Boardのメンバーに選出されました。これは、同氏がこの分野を代表する研究者であることを示しており、これからの活躍が期待されます。
2015年1月29日
本学科教員がフォーラムで講演
本学科の水光教授(生体分子機能化学研究室)が、東京で開催された農産物・食品の安全確保と機能性活用を考える発表会 みやざきフードリサーチフォーラム2015 in 東京にて、取組を紹介しました。内容は「きんかんの機能性研究成果」です。発表会の詳細はこちらから。
2015年1月23日
本学科教員が講演を行いました
本学科の井上准教授(環境微生物学研究室)が、日向市地域雇用創造協議会による次世代産業研究セミナーにて 講演を行いました。
2015年1月8日
本学科教員がラジオ出演
本学科 環境微生物学研究室井上准教授)の微生物燃料電池に関する研究がMRTラジオの番組(スクーピー:2015年1月8日9:20〜)で紹介されました。
2014年12月11日
鹿児島県立 曽於高校が来学
曽於高校のみなさんが応用生物科学科を訪問されました。当日は短い時間ではありましたが,学科紹介,模擬講義,研究室見学,学食体験と内容濃い時間を過ごしていただきました。
2014年12月2日
本学科教員が宮崎大学ハイステップ研究者として表彰
本学科の酒井正博教授(食品衛生・免疫学研究室)と井上謙吾准教授(環境微生物学研究室)が宮崎大学ハイステップ研究者として表彰を受けました。詳細はこちら
2014年11月15日
ひらめき☆ときめきサイエンス2014を開催
ひらめき☆ときめきサイエンス2014(宮崎地場産品の機能性研究最前線)を開催しました。当日は28名の高校生と一緒に、温州みかんについて学び、栄養素や機能性に関する実習を行いました。当日は天気にも恵まれ、温州みかん園やブルーベリー園を含めたフィールドも快適に探索できました。
2014年9月20日
宮崎第一高等学校にて出前実験
宮崎第一高等学校にて出前講義を実施しました。この日は,3名の本学科教員が3名のティーチングアシスタントの学生とともに、宮崎第一高校の21名の生徒に対して、微生物培養と酵素のはたらきについての体験実験を行いました。
2014年6月17日
井上准教授の研究室の研究が日刊工業新聞(6月17日)に紹介されました
新聞記事へ
2014年6月13日
糸巻きダイコンの種とりに参加
山崎准教授と食品機能化学研究室の学生が、百姓隊(地元の農業団体)の畑に糸巻きダイコンの種取りに行きました。詳細は、COCのホームページに紹介されています。
宮崎伝統野菜「糸巻き大根」種つみ会に参加!」へ
みやだいCOCのfacebookへ
2014年5月17日
藪谷勤先生退職記念祝賀会
平成25年度末をもって定年退職されました藪谷勤先生の退職記念祝賀会が宮崎観光ホテルにて開催されました。祝賀会当日は、100名近い関係者・卒業生・在学生が参集され、盛会になったと伺っております。おめでとうございます。
2013年4月1日
新年度
新年度を迎えました。井上謙吾准教授、河野智哉准教授が着任されました。昨年度末で藪谷勤教授が退職され、学科の教員は19名となっています。

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)

copyright©2013 Department of Biochemistry and Applied Biosciences. all rights reserved.