本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

学科概要

本学科は、21世紀において地球規模で社会が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるため、既設の応用生物科学科を発展的に改組した学科です(5教育研究領域)。ここで私たちは、動植物・微生物の生物機能のバイオテクノロジー的手法による解明・活用、食品の機能解明とその利用および食品の安全性、さらには農業生産環境の保全等を視点に置いた教育研究を通して、先端的・独創的な科学技術の発展に寄与できる創造性と問題解決能力を備えた人材と国際化・情報化に対応できる人材の育成を目指しています。


アドミッションポリシー(入学者受入方針)

応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。本学科は生物工学の手法を用いた生物の機能と活用、食品の機能と利用法及び安全性についての教育・研究を行っています。そこで本学科では、21世紀における生命・食料・環境問題を解決するために、先端的・独創的な科学技術の発展に寄与できる創造性と問題解決能力を備えた人材と国際化・情報化に対応できる人材の育成を目指しています。


したがって、本学科では次のような人を求めています。

  1. 自然科学、 特に化学と生物に深い関心を持ち、これらに関わる基礎学力を有している人
  2. バイオサイエンス分野の先端技術を身につけたい人
  3. 食と健康、食の安全と環境保全に関心を持っている人
  4. コミュニケーションに必要な日本語の能力を有している人
  5. チャレンジ精神を持って応用生物科学分野の課題に取り組める人
  6. 国際的に活躍する意欲を持ち、英語の基礎学力を有している人
なお、本学科は、平成16年度にJABEE(日本技術者教育認定制度)より認定を受けております。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

応用生物科学科では、動植物・微生物の生物機能のバイオテクノロジー的手法による解明と活用、食品の機能解明とその利用及び食品の安全性、さらには農業生産環境の保全等を視点に置いた教育を通して、先端的・独創的な科学技術の発展に寄与できる創造性と問題解決能力を備えた人材と国際化・情報化に対応できる人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。


【教育課程の編成】

  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)、専門基礎科目と学士力発展科目を設置する。
  2. 農学を学ぶ上で基礎となる知識修得のため、学部共通科目を設置する。
  3. 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶため、専門基盤科目、専門科目を段階的に設置する。
  4. 学士課程を通して英語能力を涵養するため、専門英語科目を設置する。
  5. 地域と国際社会に貢献できる人材を育成するために、フィールドにおける実践教育科目を設置する。
  6. 専門技術者としての倫理観を涵養できる科目を設置する。
  7. 獲得した知識や技能を統合し、課題を分析、解決する能力を育成するために、卒業論文等の科目を設置する。
  8. 以上の編成に沿って、以下の科目を設置する。
(1)数学、化学と生物を主とする自然科学及び情報技術に関する基礎知識を修得するための科目
(2)応用生物科学に関する専門知識とそれらを問題解決に応用できる能力を修得するための科目
(3)応用生物科学分野における技術的課題に関する情報収集力、記述力、プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を修得するための科目
(4)社会貢献を意識し、応用生物科学に関連する知識・技術が社会と環境に及ぼす影響を理解すると共に、技術者の社会的責任を理解するための科目
(5)応用生物科学分野で必要とされるデザイン力を修得するための科目
(6)与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力を修得するための科目
(7)応用生物科学分野に関連する社会の変化に柔軟に対応するために、継続的、自発的に学ぶ学習態度を修得するための科目
(8)チームで仕事をすることの重要性を理解し、適切に行動できる能力を修得するための科目

【実施の方針】

  1. 各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知する。
  2. 主体的に考える力を育成するために、アクティブラーニング(双方向型授業、グループワーク、発表など)を積極的に取り入れるなど授業形態、指導方法を工夫する。
  3. 成績評価基準・方法に基づき厳格な評価を行う。
  4. 学位授与方針に基づく学生の学習過程を重視し、在学中の学習成果の全体を評価する。


ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

農学部では、宮崎大学学務規則に規定する修業年限以上在学し、各学科所定の単位数を修得し、以下の素養を身につけ、かつ、卒業論文審査に合格した学生に対して卒業を認定し、学士(農学)の学位を与える。


・専門技術者としての倫理観
・分かりやすく表現できる記述力、プレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力
・各学科が目標とした専門技術者としての能力

応用生物科学科における学士(農学)としての能力

・応用生物科学の6分野(応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物生産化学、食品製造学、食品栄養生化学)に関する基礎知識及び専門知識を有し、その知識・技術を農業、食品などの産業における問題解決のために応用できる能力
・応用生物科学分野における国内外の技術的課題に関して情報収集、記述、プレゼンテーション及びコミュニケーションできる能力
・技術者として常に社会貢献を意識し、身につけた知識・技術が社会や環境に及ぼす影響を認識すると共に、技術者が社会に対して負っている責任を自覚する能力
・応用生物科学分野に関連する課題の解決に必要とされるデザイン力、並びに与えられた制約下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
・継続的、自発的に学習し、応用生物科学分野に関連する社会の変化に柔軟に対応できる能力
・チームで仕事をするために自己のなすべき行動と他者のとるべき行動を的確に判断して実行し、適切に働きかける能力



沿革

昭和24年5月
「国立学校設置法」(昭和24年法律第150号)の公布により宮崎大学農学部設置(農学科、林学科、畜産学科、獣医学科、農業化学科)
昭和31年4月
農学専攻科設置(農学、林学、畜産学、獣医学、農業化学、水産学)
昭和42年6月
宮崎大学大学院 農学研究科修士課程設置(農学、林学、畜産学、獣医学、農業化学、農業工学)、農学専攻科廃止
昭和63年4月
鹿児島大学大学院連合農学研究科(博士課程)が設置され、農学部が構成大学となる
平成元年4月
農学部(獣医学科を除く)農学科、林学科、畜産学科、農業化学科、水産増殖学科、農業工学科、草地学科の7学科を改組し、農林生産学科、生物資源利用学科、動物生産学科の3学科に再編
平成5年4月
宮崎大学大学院 農学研究科修士課程農学専攻、林学専攻、畜産学専攻、農業化学専攻、水産増殖学専攻、農業工学専攻、草地学専攻の7専攻を改組し、農林生産学専攻、生物資源利用学専攻、動物生産学専攻の3専攻に再編
平成12年4月
農学部(獣医学科を除く)農林生産学科、生物資源利用学科、動物生産学科の3学科を改組し、食料生産科学科、生物環境科学科、地域農業システム学科、応用生物科学科の4学科に再編
平成17年4月
宮崎大学大学院農学研究科修士課程農林生産学専攻、生物資源利用学専攻、動物生産学専攻の3専攻を改組し、生物生産科学専攻、地域資源管理科学専攻、森林草地環境科学専攻、水産科学専攻、応用生物科学専攻の5専攻に再編
平成19年4月
宮崎大学大学院農学工学総合研究科(博士課程)が開設される
平成22年4月
農学部(獣医学科、食料生産科学科、生物環境科学科、地域農業システム学科、応用生物科学科)を改組し、植物生産環境科学科、森林緑地環境科学科、応用生物科学科、海洋生物環境学科、畜産草地科学科、獣医学科の6学科に再編
平成26年4月
宮崎大学大学院農学研究科修士課程生物生産科学専攻、地域資源管理科学専攻、森林草地環境科学専攻、水産科学専攻、応用生物科学専攻の5専攻を改組し、農学専攻の1専攻6コース(植物生産環境科学コース・森林緑地環境科学コース・応用生物科学コース・海洋生物環境科学コース・畜産草地科学コース・農学国際コース)に再編

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)