本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

大学院

学部卒業後の進路として大学院への進学があります。応用生物科学科からの進学先としては、修士課程として農学研究科農学専攻応用生物科学コース、さらに博士課程として農学工学総合研究科があります。なお、農学研究科は平成26年4月に改組されました。

宮崎大学 大学院 農学研究科 農学専攻 応用生物科学コース (修士課程)

生物科学に関わる知識と技術を有し、応用生物科学分野での科学技術の発展に寄与できる総合的な知識と実践力を備えた高度技術者および研究者を養成します。また国際化・情報化時代に対応できる人材の育成を目指します。本コースの修了生は、農業、化学、食品、医薬等の分野の技術者・研究者としての活躍が期待されます。

アドミッションポリシー
1. 動物、植物、微生物、ならびにそれらを利用した食品が持つ機能やそれらを育む土壌が持つ機能を、生化学的、遺伝子工学的あるいは食品機能化学的に解明するための基礎学力を有している人。
2. 応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物栄養・土壌学が関わる生物機能科学、および食品科学、栄養化学が関わる食品機能化学に関連するより高度な専門知識と技術を身につけたい人。     
3. 応用生物科学分野で国際的に活躍する意欲のある人。     
カリキュラムポリシー
1. 生物機能科学および食品機能化学に関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。
2. 応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術を応用して地域・国際社会に寄与できる基礎的能力と協調性・倫理性を養うための科目の設置。     
3. 調査研究から得られる情報・データを正確に解析し、客観的に理解してまとめる能力を修得するための「特別研究」の設置。     
4. 高いコミュニケーション能力と論理的かつ客観的なプレゼンテーション能力および語学能力を養うためのセミナー等の実施。     
ディプロマポリシー
1. 生物機能科学や食品機能化学に関する高度な専門的知識と技術を有し、多方面から論理的に考察し、解決できる能力を有している。
2. 応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術を応用して地域・国際社会に寄与できる基礎的能力および高い協調性と倫理性を有している。    
3. 諸課題の目的達成のため、専門性の高い研究計画をデザインし、調査研究を進める能力を有している。    
4. 取り組んだ調査研究から得られた情報を正確に解析し、客観的に理解してまとめる能力を有している。 
5. 英語の科学情報を検索・精読できる語学能力を有し、且つ高いコミュニケーション能力と論理的・客観的なプレゼンテーション能力を有している。   
履修内容
全専攻共通の農学共通セミナー以外に、本専攻が開講する応用生物科学特別研究や各種特論などを履修します。この中で、生物機能科学分野では、生物機能科学共通セミナーをはじめ、応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物栄養・土壌肥料学に関連する特論を主として履修します。また、食品機能化学分野では、食品機能化学共通セミナーをはじめ、食品科学と栄養化学に関連する特論を主として履修します。
科目区分 授業科目 単位数 学期
コース選択 生体分子機能化学特論 2 前期
細胞機能科学特論 2 通年
微生物機能開発学特論 2 通年
植物遺伝育種学特論 2 前期
植物栄養土壌環境科学特論 2 通年
食品栄養機能学特論 2 前期
遺伝子機能科学特論 2 通年
食品機能化学特論 2 前期
畜産食品科学特論 2 通年
専攻共通 特別講義(応用生物科学) 2 通年
特別研究(応用生物科学) 10 通年
全専攻共通 農学共通セミナー 2 前期
      
受験案内
農学研究科の受験案内は、農学部の「大学院」と大学の「入試情報」をご覧ください。
また、農学研究科の募集要項はこちらからご覧ください。
     

     

宮崎大学 大学院 農学工学総合研究科 (博士後期課程)

平成19年4月に開設された新しい研究科です。本学科の教員は資源環境科学専攻(持続生産科学コース)および生物機能応用科学専攻(生命機能科学コース・水域生物科学コース)を担当し、研究者の育成を目的に指導します。

アドミッションポリシー
1. 低環境負荷・循環型社会の実現に意欲的な人材      
2. バイオマス資源の生産と利活用に取り組む人材      
3. 地域社会基盤を保全し、持続型社会の構築に貢献できる人材      
4. 安心・安全で持続型の生物生産システムの開発に関心の高い人材      
5. 動植物・微生物の機能を生活向上に活かすことに関心の高い人材
6. ポストゲノム研究の成果を食料、環境、健康問題に応用することに関心の高い人材      
7. 水産資源の適正管理と持続的水産増養殖システムの開発に関心の高い人材  
8. 新材料の創生及びエネルギー変換システムに貢献できる人材      
9. 機械加工技術及び構造材料の設計・生産技術の開発に貢献できる人材      
10. ソフトウエア技術・ハードウエア技術・情報ネットワーク技術・バイオインフォマティクス技術、情報処理システムの開発に関心に高い人材
受験案内
農学工学総合研究科の受験案内は、農学工学総合研究科ホームページと大学の「入試情報」をご覧ください。
また、農学工学総合研究科の募集要項はこちらからご覧ください。

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)