業績集


著書、論文(過去10年)
2018年
M. Yamasaki, K. Hamada, K. Fujii, K. Nishiyama, H. Tari, K. Araki, T. Arakawa, Vaccinium ashei leaves extract alleviates insulin resistance via AMPK independent pathway in C2C12 myotube model. Biochemistry and Biophysics Reports 14, 182-187 (2018)
『食品機能性脂質の基礎と応用』シーエムシー出版 2018年5月発行
第5章『共役脂肪酸の機能性』 山崎正夫

2017年
R. Fujioka, K. Nishiyama, M. Yamasaki, Dietary borage oil promotes gamma-linoleic acid accumulation in dextran sulfate sodium-treated mice but does not manipulate the severity of colitis. Journal of Food and Nutrition Research 5(3), 151-155 (2017)

2016年
木下和昭、野見山将太、山崎正夫:共役脂肪酸の多様な機能性とその利用 臨床利用への足掛かり、日本農芸化学会誌「化学と生物」 54(2)、72-74 (2016)
K. Yamasaki, H. Nagatomo, Y. Kawamura, K. Sugamoto, T. Kai, K. Kamenaga, M. Takeshita, Y. Kikuchi, Y. Matsuura, C. Yukizaki, K. Nishiyama, M. Yamasaki, A single dose of blueberry leaf extract suppresses serum ethanol levels after oral ethanol administration in rats. European Journal of Scientific Research 140 (4), 352-365 (2016)
K. Kishita, K. Ibaraki, S. Itakura, Y. Yamasaki, N. Nishikata, K. Yamamoto, M. Shimizu, K. Nishiyama, M. Yamasaki, Preparation of conjugated linoleic acid nanoemulsions and their biodistribution. Journal of Oleo Science 65(11), 949-954 (2016)
T. Nakanishi, Y. Tokunaga, M. Yamasaki, L. Erickson, S. Kawahara, Orally administered conjugated linoleic acid ameliorates allergic dermatitis induced by repeated applications of oxazolone in mice. Animal Science Journal 87, 1554-1561 (2016)

2015年
K. Imamura, M. Asai, T. Matsumoto, Y. Yamasaki, I. Kamei, T. Hattori, M. Kishimoto, S. Niisaka, M. Kubo, K. Nishiyama, M. Yamasaki, Suppressing effect of cordycepin on the lipopolysaccharide- induced nitric oxide production in RAW 264.7 cells. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 79 (6), 1021-1025 (2015)
M. Yamasaki, Y. Matsuyama, R. Hayasegawa, K. Hamada, K. Nishiyama, T. Kai, K. Kamenaga, T. Arakawa, H. Tari, Y. Shimizu, Y. Matsuura, C. Yukizaki, Blueberry (Vaccinium virgatum Aiton) leaf extract ameliorates insulin resistance in mice fed a high-fat, high-sucrose diet. Food Science and Technology Research 21 (6), 827-833 (2015)
M. Yamasaki, H. Kanazaki, R. Fujioka, K. Kishita, K. Nishiyama, K. Yamamoto, S. Hamayama, M. Shimizu, Nano-emulsions of conjugated linoleic acid suppresses inflammatory response in macrophage but not in experimental inflammatory bowel disease condition. European Journal of Scientific Research 135 (3), 317-330 (2015)

2014年
M. Yamasaki, S. Soda, Y. Sakakibara, M. Suiko and K. Nishiyama, The importance of 1,2-dithiolane structure in α-lipolic acid for the downregulation of cell surface β1-integrin expression of human bladder cancer cells. Biosci Biotechnol Biochem 78 (11), 1939-1942 (2014)
M. Yamasaki, M. Nishimura, Y. Sakakibara, M. Suiko, K. Morishita, K. Nishiyama, Delta-tocotrienol induces apoptotic cell death via depletion of intracellular squalene in ED40515 cells. Food Funct 5 (11), 2842-2849 (2014)
Y. Ishida, M. Yamasaki, C. Yukizaki, K. Nishiyama, H. Tsubouchi, A. Okayama, H. Kataoka, Carnosol, rosemary ingredient, induces apoptosis in adult T-cell leukemia/lymphoma cells via glutathione depletion; proteomic approach using fluorescent two-dimensional differential gel electrophoresis. Human Cell 27, 68-77 (2014)
T. Hashiguchi, Y Sakakibara, T. Shimohira, K. Kurogi, M. Yamasaki, K. Nishiyama, R. Akashi, MC. Liu and M. Suiko, Identification of a novel flavonoid glycoside sulfotransferase in Arabidopsis thaliana. J. Biochem 155, 91-97 (2014)
M. Yamasaki, M. Iwase, K. Kawano, Y. Sakakibara, M. Suiko, M. Ikeda, K. Nishiyama, Alpha Lipoic Acid supressed migration and invasion via downregulation of cell surface β1-integrin expression in bladder cancer cells. J Clin Biochem Nutr 54, 18-25 (2014)

2013年
山崎正夫:共役脂肪酸の機能性食品成分への応用に関する研究(総説)、日本栄養・食糧学会誌 66, 241-248 (2013)
H. Tsuda, H. Kunitake, R. Kawasaki-Takaki, K. Nishiyama, M. Yamasaki, H. Komatsu, C. Yukizaki, Antioxidant Activities and Anti-Cancer Cell Proliferation Properties of Natsuhaze (Vaccinium oldhamii Miq), Shashanbo (V. bracteatum Thunb.) and Blueberry Cultivars. Plants 2(1), 57-71 (2013)
山崎有美、安藤美子、山崎正夫、立花宏文、山田耕路:オキナワモズク由来フコイダンの細胞運動阻害作用、日本食品科学工学会誌 60(7), 357-361 (2013)
M. Yamasaki, C. Motonaga, M. Yokoyama, A. Ikezaki, T. Kakihara, R. Hayasegawa, K. Yamasaki, M. Sakono, Y. Sakakibara, M. Suiko, K. Nishiyama, Induction of apoptotic cell death in HL-60 cells by jacaranda seed oil derived fatty acids. J Oleo Sci 62, 925-932 (2013)
R. Kijima, T. Honma, J. Ito, M. Yamasaki, A. Ikezaki, C. Motonaga, K. Nishiyama, T. Tsuduki, Jacaric acid is rapidly metabolized to conjugated linoleic acid in rats. J Oleo Sci. 62(5):305-312 (2013)
M. Yamasaki, Y. Mine, M. Nishinura, S. Fujita, Y. Sakakibara, M. Suiko, K.Morishita, K. Nishiyama, Genistein induces apoptotic cell death associated with inhibition of the NF-kB pathway in adult T-cell leukemia cells. Cell Biology International. Jul;37(7):742-7 (2013)
M. Yamasaki, T. Yanagita, Adipocyte response to conjugated linoleic acid. Obesity Research & Clinical Practice. 7(4), e235-e242, (2013)

2012年
M. Yamasaki, M. Iwase, K. Kawano, Sakakibara, M. Suiko, and K. Nishiyama, Alpha Lipoic Acid Selectively Inhibits Proliferation and Adhesion to Fibronectin of v-H-ras-transformed 3Y1 Cells. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 50(3): 234-240 (2012)
S. Yasuda, H. Kuwata, K. Kawamoto, J. Shirakawa, J. Hoshi, H. Tachibana, K. Yamada, H. Kobayashi, K. Igoshi, Effect of highly lipolyzed goatcheese on HL-60 human leukemia cells: antiproliferative activity andinduction of apoptotic DNA damage. J. Dairy Sci. 95(5) 2248-2260 (2012)
M. Yamasaki, M. Iwase, K. Kawano, Sakakibara, M. Suiko, and K. Nishiyama, Apocynin Selectively Inhibits Proliferation, Adhesion to Fibronectin of v-H-ras-transformed 3Y1 Cells Biosci Biotechnol Biochem, 76(6) 1177-1181 (2012)
M. Yamasaki, T. Nagatomo, T. Matsuyama, Y. Ikeho, E. Kato, K. Nishiyama, Y. Sakakibara, M. Suiko, K. Nishiyama, Conjugated linoleic acids inhibit hypoxia inducible factor-1alpha stabilization under hypoxic condition in human hepatocellular carcinoma cells Journal of Oleo Sci, 61(9), 491-496 (2012)
N. Shinohara, T. Tsuduki, J. Ito, T. Honma, R. Kijima, S. Sugawara, T. Arai, M. Yamasaki, A. Ikezaki, M. Yokoyama, K. Nishiyama, K. Nakagawa, T. Miyazawa, I. Ikeda, Jacaric acid, a linolenic acid isomer with a conjugated triene system, has a strong antitumor effect in vitro and in vivo. Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids, 1821(7), 980-988 (2012)
Y. Yamasaki, M. Yamasaki, H. Tachibana, K. Yamada, β1-Integrin plays an important role in fucoidan-induced apoptosis via caspase-8 activation. Biosci Biotechnol Biochem, 76(8) 1163-1168 (2012)
N. Shinohara, T. Tsuduki, J. Ito, T. Honma, R. Kijima, S. Sugawara, T. Arai, M. Yamasaki, A. Ikezaki, M. Yokoyama, K. Nishiyama, K. Nakagawa, T. Miyazawa, I. Ikeda, Jacaric acid, a linolenic acid isomer with a conjugated triene system, inhibits stearoyl-CoA desaturase activity in mice Journal of Oleo Sci, 61(8) 433-441 (2012)

2011年
榊原陽一、中原幸太、森永浩通、山崎正夫、西山和夫、水光正仁:プロテオーム解析による食品機能の研究:生物工学89(10):593-596, 2011
T. Hashiguchi, K. Kurogi, Y. Sakakibara, M. Yamasaki, K. Nishiyama, S. Yasuda, MC. Liu, M. Suiko, Enzymatic sulfation of tocopherols and tocopherol metabolites by human cytosolic sulfotransferases. Biosci Biotechnol Biochem. 2011;75(10):1951-6.
K. Nagahama, N. Eto, K. Yamamori, K. Nishiyama, Y. Sakakibara, T. Iwata, A. Uchida, I. Yoshihara, M. Suiko, An Efficient Approach for Simultaneous Estimation of the Multiple Health-Promoting Effects of Foods. J Agric Food Chem. 59(16), 8575-8588 (2011)
山森一人、吉原郁夫、江藤望、西山和夫:サンプル選別と拡張重み更新型SOMを統合したたんぱく質発現量からの食品機能性推定法:情報処理学会論文誌数理モデル化と応用:4(4), 69-80 (2011)

2010年
S. Yasuda, N. Ohkura, K. Suzuki, M. Yamasaki, K. Nishiyama, H. Kobayashi, K. Igoshi, Effects of Highly-ripened Cheeses in HL-60 Human Leukemia Cells: Antiproliferative Activity and Induction of Apoptotic DNA damage. Journal of Dairy Science 93(4) 1393-1400 (2010).
M. Yamasaki, A. Mukai, M. Ohba, Y. Mine, Y. Sakakibara, M. Suiko, K. Morishita, and K. Nishiyama, Genistein induces Apoptotic Cell Death in Adult T-cell Leukemia Cells through Estrogen Receptors. Bioscience Biotechnology Biochemistry, 74(10) 2113-2115 (2010).
I. Shirasugi, Y. Sakakibara, M. Yamasaki, K. Nishiyama, T. Matsui, M.-C. Liu and M. Suiko, Novel screening method of potential skin-whitening compounds using luciferase reporter assay system. Bioscience Biotechnology Biochemistry, 74(11) 2253-2257 (2010).
山崎正夫、西山和夫:大豆イソフラボンの抗ATL(成人T細胞性白血病)作用:バイオサイエンスとインダストリー68(5), (2010)
Y. Hirashima, S. Seshimo, Y. Fujiki, M. Okabe, K. Nishiyama, M. Matsumoto, H. Kanouchi, T. Oka, Homocysteine and copper induce SH-SY5Y cellular apoptosis via caspase activation and nuclear translocation of apoptosis-inducing factor. Neurosci Res. 67(4), 300-306 (2010)

2009年
M. Yamasaki, A. Kawabe, K. Nishimoto, H. Madhyastha, Y. Sakakibara, M. Suiko, T. Okamoto, T. Suda, K. Uehira, and K. Nishiyama, Dihydro-alpha-lipoic acid has more potent cytotoxicity than alpha-lipoic acid.In Vitro Cell Dev Biol Anim, 45(5-6) 275-280 (2009).
M. Yamasaki, N. Fujii, Y. Omi, A. Ozaki, A. Nakama, Y. Sakakibara, M. Suiko, K. Nishiyama, Mustard oil in “Shibori Daikon” a type of Japanese radish, selectively inhibits the proliferation of H-ras-transformed 3Y1 cells. Bioscience Biotechnology Biochemistry , 73(10) 2217-2221 (2009).
Y. Miyamoto-Yamasaki, M. Yamasaki, H. Tachibana, and K. Yamada, Fucoidan induces apoptosis through activation of caspase-8 on human breast cancer MCF-7 cells. Journal of Agricultural and Food Chemistry 57(18) 8677-8682 (2009).

学会発表(過去5年)
2018年
サツマイモ焼酎粕発行物のメタボリックシンドローム予防効果:〇小境敏揮、野別亮、鈴木彩花、章超、河野邦晃、岩井謙一、高瀬良和、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会(名古屋)2018年3月
食品成分の活性値と作用機序の同時推定方法(第2報):〇永浜清子、山森一人、江藤望、西山和夫、水光正仁、榊原陽一 日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会(名古屋)2018年3月
拡張重み更新型自己組織化マップを用いた食品機能性評価(Food functionality evaluation using extended-weight-updating self-organizing map):〇永濱清子、平山未央、黒木勝久、山森一人、江藤望、西山和夫、水光正仁、榊原陽一 日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会 Mass Spectrometry and Proteomics 2018 (MSP2018)(大阪)2018年5月
Blueberry leaf extract inhibits foam cell formation and activates autophagy in macrophages via AMPK/mTOR signaling: MD Khurshidul, Masao Yamasaki, Teruaki Arakawa, Shaikh M Rahman American Society for Nutrition Annual Meeting (Boston) 2018.06
キンカンからのβ-クリプトキサンチンの抽出と高分散化:〇高橋幸毅、大島達也、山崎正夫、江藤望、山崎有美 第55回化学関連支部合同九州大会(北九州)2018年6月
ブルーベリー葉抽出物の抗肥満効果におけるポリフェノール類の役割:〇藤井健斗、太田優磨、菅本和寛、松浦靖、田里博之、荒川輝晃、西山和夫、山崎正夫 2018年度(第22回)生物機能研究会(福岡)2018年6月
植物性食品素材由来のα-グルコシダーゼ阻害物質の探索:〇濱田麻衣佳、矢野喜久、深見治一、藤田裕之 2018年度(第22回)生物機能研究会(福岡)2018年6月
難水溶性生理活性物質・消化ペプチド複合体の分散状態を決定する構造的要因の検討:○岩瀬巧、大島達也、山崎正夫 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
カゼインとの複合化によるキンカン中の油溶成分の高分散化:○高橋幸毅、大島達也、山崎正夫、江藤望、山崎有美 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
タマネギ由来ナノ粒子の基礎的分析と機能性評価:○古庄利菜、山崎水優、亀井一郎、園田紘子、池田正浩、山崎有美、大島達也、西山和夫、山崎正夫 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
ブルーベリー葉抽出物による抗肥満効果の検討および活性成分の探索:○藤井健斗、太田優磨、國武久登、菅本和寛、甲斐久博、荒木佳織、田里博之、荒川輝晃、西山和夫、山崎正夫 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
モンゴル伝統的乳製品由来乳酸菌のコレステロール及び単授産吸着作用:○峯崎美歌子、西山和夫、李怡然、竹下正彦、有馬勇夫、C. Tsend-Ayush、T. Oyunsuren、山崎正夫 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
ブルーベリー葉抽出物によるエタノール誘導性肝細胞障害の抑制:○松浦裕美、渡辺晃史、山崎楓、荒川輝晃、田里博之、荒木佳織、西山和夫、山崎正夫 平成30年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(宮崎)2018年10月
A Novel Fermented Products Made from Sweet Potato-shochu Distillery by-products Reduce Body Fat and Serum Cholesterol in Mice: Toshiki Kosakai, Ryo Nobetsu, Cho Sho, Kuniaki Kawano, Ken-ichi Iwai, Yoshikazu Takase, Kazuo Nishiyama, Masao Yamasaki The 31st Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2018 Tsukuba) (Tsukuba) 2018.11
Blueberry Leaf Extract Prevents Alcohol Induced Cytotoxicity in Rat Hepatocytes: Kaede Yamasaki, Akifumi Watanabe, Kazuo Nishiyama, Masao Yamasaki The 31st Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2018 Tsukuba) (Tsukuba) 2018.11

2017年
タマネギ由来エクソソーム様ナノ粒子の基礎的分析:○古庄利菜、山崎水優、高島沙季、花本由輝、園田紘子、池田正浩、亀井一郎、大島達也、山崎有美、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2017年度(平成29年度)大会(京都)2017年3月
食用植物由来エクソソーム様ナノ粒子のヒト乳がん抑制作用:○山崎有美、亀井一郎、大島達也、池田正浩、園田紘子、山崎正夫 日本農芸化学会2017年度(平成29年度)大会(京都)2017年3月
食品機能性評価における活性値と作用機序の同時予測の可能性:〇永浜清子、山森一人、江藤望、西山和夫、水光正仁、榊原陽一 日本農芸化学会2017年度(平成29年度)大会(京都)2017年3月
ブルーベリー葉抽出物の抗肥満作用におけるポリフェノール類の役割:○藤井健斗、太田優磨、荒川輝晃、荒木佳織、田里博之、西山和夫、山崎正夫 第71回日本栄養・食糧学会大会(沖縄)2017年5月
共役脂肪酸の機能性探索と応用:○山崎正夫 第10回トランスポーター研究会(JTRAQ10)九州部会(熊本)2017年9月
9-ニトロオレイン酸はヒト膀胱がん細胞の増殖を抑制するが遊走を促進する:一万田晃、松木美佐、児玉大輔、○野見山将太、菅本和寛、山崎正夫、西山和夫 フードサイエンスフォーラム第23回学術集会(宮崎)2017年9月
Cordyceps Militaris の抽出物による腸管上皮細胞の炎症応答抑制作用:○南大喬、西山和夫、山崎正夫 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会(長崎)2017年10月
9-ニトロオレイン酸とスルフォラファンはヒト膀胱がん細胞の増殖を抑制するが遊走を促進する:児玉大輔、一万田晃、松木美佐、野見山将太、菅本和寛、山崎正夫、○西山和夫 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会(長崎)2017年10月
HTLV-1感染細胞増殖抑制効果の予測モデルに関する研究:〇永浜清子、山森一人、江藤望、西山和夫、水光正仁、榊原陽一 第22回日本フードファクター学会学術集会(神奈川)2017年12月

2016年
宮崎発、新機能性素材ブルーベリー葉:○山崎正夫 分子病態学セミナー(鹿児島)2016年3月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)摂食がアルコール代謝とアルコール性肝障害に与える影響:○山崎楓、長友宏賢、菅本和寛、甲斐孝憲、亀長浩蔵、竹下正彦、菊地幸治、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2016年度(平成28年度)大会(北海道)2016年3月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)によるインスリン抵抗性改善作用:○濱田健作、田里博之、荒川輝晃、甲斐孝憲、亀長浩蔵、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2016年度(平成28年度)大会(北海道)2016年3月
共役脂肪酸の機能性探索と応用:○山崎正夫 第70回日本栄養・食糧学会シンポジウム『脂質素材の新たな展開』(兵庫)2016年5月
地域薬用作物による腸管炎症抑制応答:○南大喬、西山和夫、山崎正夫 2016年度(第20回)生物機能研究会(宮崎)2016年7月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)による脂肪細胞への効果:○太田優磨、松山勇介、田里博之、荒川輝晃、甲斐孝憲、亀長浩蔵、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 2016年度(第20回)生物機能研究会(宮崎)2016年7月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)によるエタノール誘導性肝細胞障害の抑制:○松浦裕美、渡辺晃史、山崎楓、甲斐孝憲、亀長浩蔵、荒川輝晃、田里博之、西山和夫、山崎正夫 2016年度(第20回)生物機能研究会(宮崎)2016年7月
糸巻き大根加工食品のアントシアニン量減少抑制に関する研究:○山崎有美、太田優磨、杉村和実、堤省一朗、谷口寛俊、山崎正夫 2016年度(第20回)生物機能研究会(宮崎)2016年7月
ブルーベリー葉の機能に関する知見:○山崎正夫 宮崎ブルーベリー葉シンポジウム2016(宮崎)2016年7月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)投与がアルコール代謝とアルコール性肝障害に与える影響:○山崎楓、河村由樹、長友宏賢、菅本和寛、甲斐孝憲、亀長浩蔵、竹下正彦、菊地幸治、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 フードサイエンスフォーラム第22回学術集会(岡山)2016年9月
~ブルーベリー葉の機能性研究~ブルーベリー葉抽出物(BLEx)投与がアルコール代謝に与える影響:○山崎楓、河村由樹、長友宏賢、菅本和寛、甲斐孝憲、亀長浩蔵、竹下正彦、菊地幸治、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山﨑正夫 第2回COC+みやざきA&Sヒルズ研究会(宮崎)2016年11月

2015年
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)のアルコール代謝亢進作用およびアルコール性肝障害抑制作用:○山崎楓、河村由樹、長友宏賢、菅本和寛、甲斐孝憲、亀長浩蔵、竹下正彦、菊地幸治、松浦靖、柚木崎千鶴子、江藤敏治、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2015年度(平成27年度)大会(岡山)2015年3月
共役リノール酸ナノエマルションによる炎症性腸疾患の病態改善作用:○金崎寿敏、木下和昭、山本建次、濱山真吾、清水正高、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2015年度(平成27年度)大会(岡山)2015年3月
ブルーベリー葉抽出物によるインスリン抵抗性改善作用:○松山勇介、早瀬川倫太郎、濱田健作、甲斐孝憲、亀長浩蔵、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 日本農芸化学会2015年度(平成27年度)大会(岡山)2015年3月
Study on Physiological Function of Lipid Nanoemulsions: K Kishita, K Yamamoto, S Hamayama, M Shimizu, K Nishiyama, M Yamasaki 12th Asian Congress of Nutrition (ACN) 2015 (Yokohama) 2015.5
Study on the cellsurvival regulatioin by lipids: S Nomiyama 12th Asian Congress of Nutrition (ACN) 2015 (Yokohama) 2015.5
宮崎発新機能性素材ブルーベリー葉の抗生活習慣病作用:○山崎正夫 第25回西日本食品産業創造展'15(福岡)2015年5月
宮崎発!新規機能性素材ブルーベリー葉:○山崎正夫 山田耕路教授退職記念事業 記念シンポジウム 2015年6月
γ-リノレン酸によるアンジオポエチン様因子2の発現制御に関する研究:○伊藤優佑、永元隆太、久米田翔子、山崎正夫、西山和夫 2015年度(第19回)生物機能研究会(佐賀) 2015年7月
共役リノール酸(CLA)ナノエマルジョンの抗炎症作用に関する研究:○藤岡諒也、金崎寿敏、木下和昭、山本建次、濱山真吾、清水正高、西山和夫、山崎正夫 2015年度(第19回)生物機能研究会(佐賀) 2015年7月
ブルーベリー葉抽出物によるC2C12細胞を標的としたインスリンシグナル増強作用:○濱田健作、松山勇介、田里博之、荒川輝晃、清水芳雄、甲斐孝憲、亀長浩蔵、松浦靖、柚木崎千鶴子、西山和夫、山崎正夫 2015年度(第19回)生物機能研究会(佐賀)2015年7月
宮崎伝統野菜糸巻きダイコンを用いた栄養成分解析と新規加工食品の開発:○山崎有美、山崎楓、杉村和実、谷口寛俊、山崎正夫 2015年度(第19回)生物機能研究会(佐賀) 2015年7月
接着分子integrinを標的としたα-リポ酸によるガン細胞の転移・浸潤抑制:○山崎正夫、早田昌然、岩瀬将弘、池田正浩、西山和夫 第8回トランスポーター研究会九州部会(鹿児島)2015年7月
トコトリエノールによるATL細胞死誘導効果とメバロン酸代謝:○山崎正夫、西村海里、榊原陽一、水光正仁、森下和広、西山和夫 第18回Vitamin E Update Forum(東京)2015年8月
Blueberry leaf, a novel material for functional food: Y. Yamasaki Texas Tech University, College of Human Sciences (America) 2015年9月
ブルーベリー葉抽出物の抗糖尿病作用(Anti-diabetic effect of blueberry leaf extract):○山崎正夫 食品開発展2015(東京)2015年10月
プロポリス、メリンジョ種子含有食がアルコール代謝とアルコール性肝障害に与える影響:○山崎楓、長友宏賢、西山和夫、山﨑正夫 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会(沖縄)2015年10月
宮崎伝統野菜糸巻きダイコンの栄養成分及び抗酸化活性解析:○山崎有美、山崎楓、杉村和実、谷口寛俊、山﨑正夫 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会(沖縄)2015年10月
ブルーベリー葉の抗糖尿病作用に関する新知見:○山崎正夫 平成27年度第2回宮崎ブルーベリー葉栽培連絡協議会総会in青島(宮崎)2015年11月

2014年
脂質ナノエマルションの抗がん作用に関する研究:○木下和昭、金崎寿敏、茨木佳代、板倉祥子、山本建次、清水正高、窄野昌信、山崎正夫、西山和夫 第68回日本栄養・食糧学会大会(北海道)2014年5月
脂肪組織の線維化抑制を標的とした肥満関連疾患予防:○早瀬川倫太郎、西山和夫、山崎正夫 2014年度生物機能研究会(大分)2014年7月
ブルーベリー葉抽出物(BLEx)のアルコール性肝障害抑制作用:○山崎楓、河村由樹、西山和夫、甲斐孝憲、亀長浩蔵、竹下正彦、菊地幸治、松浦靖、柚木崎千鶴子、山崎正夫 2014年度生物機能研究会(大分)2014年7月
宮崎県独自の農産物が持つ特性評価と地域ブランド化を目指した取り組み:○山崎有美、西橋昌也、水城和也、宗像健人、杉村和実、新正仙、山崎正夫 2014年度生物機能研究会(大分)2014年7月
Cordycepinによる抗炎症作用のメカニズム解明:○今村健太、浅井桃子、菅本和寛、松本朋子、山崎有美、亀井一郎、服部貴博、岸本正興、新坂誠司、西山和夫、山崎正夫 第8回レドックス・ライフイノベーション第170委員会(宮崎)2014年8月
脂質ナノエマルションの抗がん作用に関する研究:○木下和昭、山本建次、濱山真吾、清水正高、西山和夫、山崎正夫 第8回レドックス・ライフイノベーション第170委員会(宮崎)2014年8月
脂肪細胞の低酸素ストレスを標的とした機能性食品成分探索:○柿原知加、古賀絢子、西山和夫、山崎正夫 第8回レドックス・ライフイノベーション第170委員会(宮崎)2014年8月
Cordycepinによる抗炎症作用のメカニズム解明:○今村健太、浅井桃子、菅本和寛、松本朋子、山崎有美、亀井一郎、服部貴博、岸本正興、新坂誠司、西山和夫、山崎正夫 宮崎大学産学・地域連携センター設立20周年記念第21回技術・研究発表交流会(宮崎)2014年9月
宮崎県独自の農産物が持つ特性評価と地域ブランド化を目指した取り組み:○山崎有美、西橋昌也、水城和也、宗像健人、山崎正夫、杉村和実、新正仙 宮崎大学産学・地域連携センター設立20周年記念第21回技術・研究発表交流会(宮崎)2014年9月
みやだいCOC・平成25年度みやざき地域志向教育研究②~宮崎県独自の農産物が持つ機能性評価を題材とした地域志向型人材育成~:○山崎正夫 宮崎大学産学・地域連携センター設立20周年記念第21回技術・研究発表交流会(宮崎)2014年9月
Effects of Blueberry Leaf and Stem Intake on Lipid Metabolism in Sprague-Dawley Rats: Yasushi Matsuura, Chizuko Yukizaki, Takanori Kai, Kouzou Kamenaga, Masao Yamasaki, Hisato Kunitake, Hiroyuki Sakakibara, Masanobu Sakono ICFHN2014 (Niigata) 2014.10
δ-トコトリエノールによる成人T細胞性白血病致死効果:○山崎正夫、西村海里、榊原陽一、水光正仁、森下和広、西山和夫 19th JSoFF(鹿児島)2014年11月
最新!!ブルーベリー葉の機能性最前線:○山崎正夫 平成26年度宮崎ブルーベリー葉栽培連絡協議会in西都(宮崎)2014年11月
ブルーベリー葉抽出物によるアディポネクチン産生調節機構:○松山勇介、甲斐孝憲、亀長浩蔵、松浦靖、柚木崎千鶴子、奥澤亜美、坂下真実、森田直樹、西山和夫、山崎正夫 日本食品科学工学会西日本支部大会(福岡)2014年12月
炎症性腸疾患の病態改善を目標とした共役リノール酸ナノエマルションの応用:○金崎寿敏、木下和昭、山本建次、濱山真吾、清水正高、西山和夫、山崎正夫 日本食品科学工学会西日本支部大会(福岡)2014年12月

Copyright (C) 2007- Nishiyama & Yamasaki Laboratory. All Rights Reserved.