研究概要


 食事は私たちの体にとって欠かせない栄養成分の補給をしてくれるだけでなく、様々な味、香り、食感を得られる日々の楽しみでもあります。さらに、近年の研究から、私たちが日頃摂取する様々な食品の中には、私たち様々な食品成分が私たちの健康に寄与することがわかってきました。このような食品の機能は『3次機能』と呼ばれ、近年非常に注目を浴びている研究分野です。私たち研究室では『食がいかにわれわれの健康に寄与できるか』を培養細胞、実験動物を用いて生化学的、遺伝子工学的手法を用いて明らかにすることを目的としています。具体的には以下のような研究を進めています。
食品成分によるがん予防効果
食品成分による脂肪細胞機能の制御
食品成分によるATLの発症予防
食品成分による抗炎症作用
食品成分によるアルコール代謝向上作用
研究で用いられている食品成分
研究室の様子
※各研究項目をクリックすると詳細が表示されます

Copyright (C) 2007- Nishiyama & Yamasaki Laboratory. All Rights Reserved.