トピックス

ヤクシマラン

先日、農学部 附属フィールド科学教育研究センターに植物調査に行ってきました。

お目当ては「ヤクシマラン(Apostasia wallichii var. nipponica)」です。ヤクシマランはラン科植物の中で原始的と考えられるグループに属します。

 

沢山の種子ができていました。

 

ヤクシマランは、ごく近い将来に野生絶滅の危険性が極めて高い植物として環境省のレッドデータブック(絶滅危惧IB類)、宮崎県のレッドデータブック(絶滅危惧IA類, CR-r)に記載されています。

この貴重な植物を長期保存するための方法を開発しようと考えています。

 

研究業績を追加しました

平野准教授らの研究成果が、The Plant Journal 誌に掲載されました。

重イオンビーム照射により得られた誘発された突然変異を全ゲノムレベルで解析することで、重イオンビームの線質を変えたときの変異誘発効果が明らかとなりました。植物の突然変異育種を推進する上で重要な知見が得られています。

詳細は、2017年の原著論文をご覧下さい。

研究業績を追加しました

國武教授の研究業績を追加しました。

2017年原著論文2016年原著論文総説著書の各項目をご覧下さい。

研究業績を追加しました

・平野教授らの研究成果の一部をまとめた解説が、「化学と生物」 誌に掲載されました。

日本独自の技術として発展してきた重イオンビーム育種技術について、同技術の基本原理から花きを中心とした実施例,さらに今後の展望について概説しています。

詳細は、主要な総説・解説をご覧下さい。

 

・平野准教授らの研究成果が、Journal of Applied Phycology誌に掲載されました。

本論文では、著者らが開発した陸上養殖システムを使用して、日本各地のワカメ系統を栽培し、各系統の形態的および生理的な特徴付けを行いました。

遺伝要因と考えられる形質が見られ、今後のワカメ育種に有用な系統が選抜されました。

詳細は、2017年の原著論文をご覧下さい。

オオボウシバナ

圃場で栽培しているオオボウシバナが咲いています。

ツユクサの変種で、花を並べて比較すると非常に大きいことがわかります。花が大きくなった仕組みが気になりますね。

Commelina communis var. hortensis
Commelina communis var. hortensis

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
1 2 3 4