本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

引間順一 (Jun-ichi HIKIMA)
e-mail: jhikima(-AT-)cc.miyazaki-u.ac.jp
※(-AT-)を@に直して送信してください
所属
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 資源利用化学領域
職名
准教授
担当授業科目
無機化学(1年次)
水産食品製造学(3年次)
分析化学実験(2年次)
生物工学実験(3年次)
食品製造学・衛生化学実験(3年次)
食品機能化学実験(3年次)
遺伝子機能科学特論(農学研究科)
研究分野
比較免疫学・微生物ゲノム学・水圏動物疾病学       
研究テーマ
魚介類の自然免疫機構の解明およびその応用
研究内容       
魚介類の養殖現場では疾病による甚大な被害がたえず、これをくい止める対策が急務である。そのためには疾病の原因となる環境や微生物を理解し、宿主の生体防御機構との関係を詳細に解明する必要がある。そこで、病原体が及ぼす生体への影響と宿主の持つ免疫機構がどのように生体を防御するかについて研究し、また病原体のゲノミクスやプロテオミクスについても解析を行っている。特に、自然免疫の中心的な役割を担うパターン認識機構に着目し、病原体に感染が惹起させた免疫機能について解明を行っている。これらを担う魚類の分子として、これまでにToll様受容体、RIG-I様受容体およびNOD様受容体等のセンサー分子が機能していることを解明してきた。今後、これら分子機構に関する知見をワクチン開発や新規治療薬の開発へ応用することを目的としている。

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)