本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

清 啓自 (Keiji KIYOSHI)
e-mail: kiyoshi.keiji.p8(-AT-)cc.miyazaki-u.ac.jp
※(-AT-)を@に直して送信してください
所属
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 微生物機能開発学領域
職名
助教
担当授業科目
微生物学実験(2年次)
生物工学実験(3年次)
生物機能科学実験(3年次)
研究分野
微生物発酵工学・生物工学       
研究テーマ
微生物による産業・農業廃棄物からの有用物質生産       
発酵環境下における微生物のストレス応答
研究内容
私たちの身の回りには微生物の発酵を利用して作られたものが多くあります。これら微生物による発酵生産を産業的に利用することを目指した応用研究を基に研究を行っていきます。
現在は、バイオディーゼル燃料を製造する際に生じる産廃物のアルカリ性グリセロールをプラスチックポリマーの原料となる1,3-プロパンジオールへと微生物により変換するバイオプロセスの高効率化に主に取り組んでいます。特に遺伝子操作による代謝経路の最適化や、原料となるアルカリ性グリセロールに含まれる不純物や発酵物へのストレス耐性株の取得による1,3-プロパンジオール生産量の増大を目標としています。また、環境中から発酵食品産業へ利用可能な微生物の探索と育種にも取り組んでいきます。

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)