本文へスキップ

宮崎大学農学部応用生物科学科は、今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。

TEL. 0985-58-3834 (教務・学生支援係)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

山本昭洋 (Akihiro YAMAMOTO)
e-mail: ahyama(-AT-)cc.miyazaki-u.ac.jp
※(-AT-)を@に直して送信してください
所属
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 植物機能科学領域
職名
准教授
担当授業科目
基礎植物学(1年次)
無機化学(1年次)
植物栄養生化学(3年次)
分析化学実験(2年次)
生物工学実験(3年次)  
生物機能科学実験(3年次)
植物栄養土壌環境科学特論(農学研究科)    
研究分野
植物栄養学・植物生理学・植物生化学       
研究テーマ
ストレス環境下の植物のポリアミンの機能に関する研究
窒素固定エンドファイトの機能と利用に関する研究
植物の生産性増加メカニズムに関する研究
研究内容       
ストレス環境下の植物のポリアミンの機能に関する研究
植物は自ら移動することができないため、様々なストレス環境下にさらされることが多い生物です。そのため植物はストレスに適応するためのメカニズムを兼ね備えています。ポリアミンは真核生物において細胞増殖の必須因子であることや老化抑制など様々な生理活性をもつ物質です。ポリアミンは植物体内にも存在していますが、ストレス環境下ではその変動が非常に大きく、ストレスに適応するために変動しているのかストレスを受けた結果として変動しているのか明確な答えは出ていません。そこで植物のポリアミンがストレス環境下でどのように変動してどのような機能を果たしているか明らかにするため研究を行っています。これまでは主に植物の生長段階での変動や機能に注目していましたが、生産性や機能性にも注目して進めていこうと思っています。
窒素固定エンドファイトの機能と利用に関する研究
共生窒素固定の仕組みを論じる常識、それは、窒素固定細菌(根粒菌)と共生する植物(マメ科)の根には、そのパートナーとなる根粒菌の窒素固定機能を効率よく発揮させるために、特殊な構造と機能を備えた根粒と呼ばれる新生器官が誘導されることである。しかし、近年、イネ科のサトウキビやヒルガオ科のサツマイモ等のマメ科以外の植物も窒素固定していることが判明した。これらの植物には根粒器官が見いだせないことから、新奇の窒素固定システムとして注目されている。この窒素固定システムの仕組みを解明し、マメ科以外の作物への導入技術を構築しようとしている。
植物の生産性増加メカニズムに関する研究
近年、遺伝子組換え技術により様々な機能が強化された植物が作り出されています。ある代謝に関わる遺伝子を強発現したところ、生産性が向上するという植物が作り出されました。現在、その植物の生産性がなぜ強化されたのか解析しています。

バナースペース

宮崎大学農学部応用生物科学科

〒889-2192
宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-3834
   (教務・学生支援係)