Gejima

槐島芳徳(GEJIMA Yoshinori)准教授

生産システム工学研究室

gejima1.jpg
連絡方法
電話番号:0985-58-7247
メールアドレス:ygejima@cc.miyazaki-u.ac.jp
所属:宮崎大学農学部植物生産環境科学科



担当授業科目


【 学部 】

  • 情報科学入門A(1)
  • 生物情報処理学
  • 農業動力機械学
  • 生物応用力学ⅠおよびⅡ
  • 農業環境工学実験Ⅱ
  • 物理学概論(教職科目)

【 農学研究科 】

  • 農業資源情報科学概論

研究分野


【 研究分野・領域 】 農業機械学

【 所属学会 】

  • 農業機械学会
  • 日本生物環境工学会
  • 農業施設学会
  • 日本茶業技術協会 
  • アメリカ農業生物工学会(ASABE)

研究内容


①農産物の高品質収穫機械の開発

  • お茶の手摘みに類似した機械収穫機構の開発に関する研究を行っています。この研究は,私の指導教官である岡田芳一名誉教授から引き継いだもので,これまでに多数のメカニズムを開発してきたものの未だ研究半ば(市販の収穫機に連敗中…)のため,実用化に向けて頑張っています。また,本研究の成果を活用して,宮崎県地域結集型共同研究事業において必要となったブルーベリー枝の収穫機の開発およびブルーベリー葉のお茶の生産を支援する機械開発について研究を行いました。
  • gejima2.jpg共同研究で製作した茶葉収穫機gejima3.jpgブルーベリー枝収穫機の開発gejima4.jpg枝からブルーベリー葉を分離する機械を開発

②宮崎県特産品の高品質化に貢献する機械の開発に関する研究

  • 宮崎県の県北で生産されている釜炒り茶の高品質・大量生産を可能とする機械の開発に関する研究を行っています。この研究では,茶葉を炒る機械(炒り葉機)の開発と炒った茶葉の品質を画像処理で行う技術の確立を行っています。さらに,農産物の美味しさを破壊せずに計測する分光非破壊計測法を用いて,沿岸部で生産される日向夏やメロン等の小型選果機の開発を行っています。
  • gejima5.jpg茶葉を炒る機械(炒り葉機)の開発gejima6.jpg炒った茶葉の画像から品質を判断するプログラムの開発gejima7.jpg日向夏用小型選果機の開発



論文


  • 1. 釜炒り茶のカテキン類とカフェインの溶出:谷口知博・槐島芳徳・松尾啓史・藤田進・龍野利宏、茶業研究報告(Tea Research Journal),113号、P81-91、2012年6月
  • 2. 釜炒り茶と煎茶の渋味の解析  2012年01月01日  日本食品科学工学会誌 : 59 (1) 6 - 16  松尾啓史,林宣之,氏原ともみ,藤田進,龍野利宏,御手洗正文,槐島芳徳,豊満幸雄,木下統,谷口知博
  • 3. 炒り葉機の熱効率  2011年12月01日  茶業研究報告 : (112) 25 - 46  松尾啓史,藤田進,龍野利宏,長瀬慶紀,御手洗正文,槐島芳徳,豊満幸雄,木下統,谷口知博
  • 4. 釜炒り茶製茶工程への粗揉機及び背面中揉機の導入方法とその効果について  2011年06月01日  茶業研究報告 : (111) 23 - 37  松尾啓史,藤田進,龍野利宏,御手洗正文,槐島芳徳,谷口知博,松本和行,鈴木大介
  • 5. Fermentation ability of Japanese green tea cultivars  2010年10月26日  Proceedings of The 4th International Conference on O-CHA(Tea) Culture and Science ICOS 2010 :  Hirofumi Matsuo, Susumu fujita, Masafumi Mitarai and Yoshinori Gejima
  • 6. Development of a system to evaluate the extent of steaming of tea leaves subjected to "stuff"  2010年10月26日  Proceedings of The 4th International Conference on O-CHA(Tea) Culture and Science ICOS 2010 :  Tomohiro Taniguchi, Yoshinori Gejima and Hirofumi Matsuo
  • 7. Development of an Efficient Tea Manufacturing Method for Kamairicha  2010年04月05日  Proceedings of the 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB) 2010 : C2-7 -  Hirofumi Matsuo, Susumu Fujita, Masafumi Mitarai, Yoshinori Gejima, Tomohiro Taniguchi
  • 8. Basic Study on the Development of a Primary Parching Machine for Kamairicha  2010年04月05日  Proceedings of the 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB) 2010 : P-62 -  Yoshinori Gejima, Kenji Hiyoshi, Susumu Fujita, Hirofumi Matsuo

受賞歴


  • Information and Electrical Technologies Division Meeting Paper Award  2004年07月22日(American Society of Agricultural Engineers)  Masateru Nagata, Jasper Tallada, Taichi Kobayashi, Yongjie Cui, Yoshinori Gejima

その他


  • 私達の研究室では,農家の方々に喜んでもらえる機械やプログラムの開発を行います。具体的には,農家の様々な作業を機械でサポートしながら,農家の方々が持つ農作物を育てる知恵や農作物の特性をセンサー等で吸収し,より品質の高い農産物の生産に貢献できる機械の開発を目指しています。このため,皆さんの持つ生物学,物理学,化学そして数学等に関する様々な知識が必要となることから,これらの科目が大好きな人を大募集しています。