教育研究領域・スタッフ

教育研究領域・スタッフ

植物生産環境科学科は2領域,14教育研究分野で構成されています.

Ⅰ.植物環境領域

matsuo2.jpg【作物学】湯淺高志教授

作物(イネ・ムギ・ダイズなど)における環境ストレス適応・子実肥大・物質蓄積メカニズムの解明、バイオ燃料用作物の作出、作物の栄養転流・オートファジーに着目した老化現象の解明など、ゲノムからフィールドまで幅広い視点と最先端の研究手法を駆使した作物学研究に取り組んでいます。特に作物ゲノム情報を活用した作物の収量増強・環境ストレス耐性向上を目指しています。

湯淺高志教授WebSite(researchmap)
湯淺高志教授WebSite(研究者総覧)
作物学研究室WebSite準備中LinkIcon

学科ホームページ用写真(果樹).jpg【果樹園芸学】鉄村琢哉教授、本勝千歳准教授

私たちの教育研究分野では、宮崎県特産果樹であるマンゴーを中心にライチやグアバなどの熱帯果樹を研究材料として、繁殖や生産性の向上などの課題解決に向けて研究しています。日向夏などのカンキツやカキやクリなどの研究も行っており、またタイ・オーストラリア・イギリス・スロベニアなどの海外の研究機関との共同研究も活発に行っています。

果樹園芸学研究室WebSiteLinkIcon

位田先生画像2.jpg【野菜・花き園芸学】増田順一郎准教授

野菜・花きのハウス栽培ならびに植物工場における低コスト環境制御に関する研究、バイオマスを利用した持続型農業に関する研究、微量要素の施与が野菜の生育・品質に及ぼす影響、園芸福祉、それの色彩心理に基づいた評価などに取り組んでいます。 海外との交流も盛んです。留学生とグローバルな農業について大いに語り合って下さい。

促成園芸学研究室のパンフレットLinkIcon

大野先生画像1.jpg【応用昆虫学】大野和朗教授

研究室では地域の天敵など有用生物を利用したバイオロジカル・コントロールを開発するため、天敵の行動や生態の解明とともに、地域農家の協力で栽培地帯に設けた実験ほ場で、農家のための環境保全型技術の開発に取り組みます。農林水産省のプロジェクト研究の支援を受けながら、宮崎大学は有用生物の多様性の維持・利用を目指す研究をリードします。あなたも、エコ・マスターになりませんか!

応用昆虫学研究室WebSiteLinkIcon

病理 学科HP 研究領域.jpg【植物病理学】竹下稔教授

植物は人間や動物と同じように病気にかかります。私たちは特に植物ウイルス病害の防除を目的として研究活動を行っています.植物ウイルスが病気を引き起こすしくみや植物がウイルス感染から身を守るしくみといった植物-ウイルス間の攻防,あるいは植物ウイルス-媒介昆虫間の相互作用について研究しています.私たちは植物の病害を減らし,化学農薬に頼らない安全・安心な農業生産の実現をめざしています。

植物病理学研究室WebSiteLinkIcon

tomato.jpg【園芸利用学】圖師一文准教授

園芸利用学研究室では、高品質・高付加価値な園芸農産物の作出に向けて、トマトを中心に収穫時・収穫後の食味成分や機能性成分を測定し、これらの成分がどのような要因(栽培環境など)で変動するかなどを科学的に探求しています。また、実際に食べたときのおいしさが、どのような成分と関係しているかなども研究しています。

園芸利用学研究室WebSiteLinkIcon

GFP env2.jpg【植物生理学】稲葉丈人准教授

私たちの教育研究分野では、植物による物質生産の分子基盤を解明し、それらの成果を植物の高次機能開発へ応用することを目指しています。特に植物細胞における光合成能の獲得機構や環境適応機構など、植物が「植物らしさ」を発揮するための基本的な仕組みに焦点を当て研究を行っています。

植物生理学研究室WebSiteLinkIcon

P1010048-1.jpg【フィールド科学(協力分野)】松尾光弘講師

日本初のGAP認証大学農場である木花フィールド(農場)を利用しながら、栽培指導ができる学生の育成、また農業技術検定の合格を目標にした実践的な実習を行っています。研究面では、作物に害を及ぼす“雑草”の防除あるいは利用、人間に有用な作物の栽培技術の開発などを行っています。

松尾光弘講師WebSiteLinkIcon
フィールド科学研究室WebSiteLinkIcon
附属フィールド科学教育センター木花フィールド(農場)WebSiteLinkIcon

Ⅱ.生産環境領域

トラクタの実習.jpg【生産システム工学】槐島芳徳准教授、日吉健二助教

我々の研究室では、食料・環境問題に対応し、高品質で安心・安全な農産物の生産・供給を支援するため、農業生産の栽培・収穫・選別等にかかわるハードとソフトの開発・改善に関する教育研究を行います。現在は主として,茶の葉の収穫・加工装置や農業用ロボット、小規模な水力エネルギーを回収・利用する装置の開発研究も行っています。また、当研究室で開発した「イチゴ収穫ロボット」を宮崎科学技術館で実演展示しています。

槐島芳徳准教授WebSiteLinkIcon

mitarai2.jpg【労働環境工学】木下統准教授

私たちの教育研究分野では、農業における高齢化・婦女化に伴う諸課題の解決を目指し、健康で安全・快適な農業労働環境の確立をはかるため、作業環境の計測解析と人間工学に基づいた人に優しい農業機械・器具・施設等の設計ならびにこれらの高度な利用技術に関する教育研究を行います。

木下統准教授WebSiteLinkIcon

toyomitsu1.jpg【農地水環境工学】豊満幸雄准教授

本教育研究分野では、農地環境の整備や保全に関する教育を行います。
そのなかでは、日本における標準的な農地の組織(圃場、用排水路、農道の配置など)、土壌の物理的な性質などについて学びます。また、研究では農地における地下水の硝酸態窒素について、都城盆地を対象地域として、地下水の硝酸態窒素濃度の動向やそれと関連した土壌中の水の移動に関する研究を行っています。

豊満幸雄准教授WebSiteLinkIcon

IMGP4571.JPG【施設園芸学】霧村雅昭助教

食料自給率向上だけでなく、環境保全(Environmental Protection)、持続的経済発展(Sustainable Economic Growth)、エネルギー安全保障(Energy Security)の3Eを同時に実現する農業システムの構築を目的として、資源の有効利用や新エネルギー、高効率な栽培技術の開発について研究しています。現在は主として、農林畜産廃棄物利用による資源循環システムの構築やLED植物工場における養液栽培、ソーラーシェアリングに関する研究に取り組んでいます。

施設園芸学研究室WebSiteLinkIcon

マンゴー栽培農家調査.jpg【農業経営経済学】山本直之教授、狩野秀之准教授

私たちの教育研究分野では、社会経済的な視点から、農業分野における様々な課題について取り組んでいます。具体的には、持続的な農業を確立させるための経済的な条件、農業経営や地域農業の発展のための方法、農業政策の評価、農産物に対する消費者ニーズの把握など、生産者および消費者の立場から、幅広く教育・研究を行っています。

山本直之教授WebSiteLinkIcon

宇田津先生画像.jpg【農業技術史学(協力分野)】宇田津徹朗教授

農業をテーマとした大学博物館(農業博物館)のスタッフが担当する教育研究分野です。この分野では、日本や韓国、中国を調査フィールドとして農業の発達と環境との関係や食育に関する活動や調査などを行っています。国内外の研究者や研究機関との共同研究も多数行っています。農業と環境の歴史、食育や食農教育に興味関心のある人は、是非、一緒に学んでみませんか!

附属農業博物館WebSiteLinkIcon