学科概要

畜産草地科学科で学べることは?

家畜と草地の両視点から『考える』教育

宮崎を中心とした南九州地域の温暖な気候に適した肉用家畜の生産と、飼料生産に必要な暖地型植物の生産等を主眼として、家畜とその生産を支える草地の両面から学べます。

こういう人を求めています。

意欲にあふれる人、好奇心旺盛な人集まれ!

  • 生物・化学の基礎学力をしっかり身につけている人
  • 生物の生産と自然環境との調和を目指したい人
  • 動物の飼育や植物の栽培に興味がある人

このような人材を育成します。

知識+調和+社会貢献を目指した人材育成

低コスト・低労力化のもとで、限られた自給飼料の リサイクルに基盤をおいた畜産に関する基礎的、応 用的な知識を身につけるばかりでなく、食料や飼料 自給率の向上、自然・社会環境の調和を目指しながら、 国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題 の解決にも貢献できる人材を育成します。

このような教育を行います。

住吉フィールド(牧場)での実体験

家畜の合理的な生産や福祉、飼料となりうる資源の開発やその活用、また草地・放牧の適切な管理などに関する知識を、フィールドで実体験しながら学びます。また、新たに立ち上がった教育研究分野では畜産物の衛生や生産性の強化に関する最新知識を学ぶことができます。

他学科との連携

獣医学科からは、動物生理学Ⅰ、動物衛生疾病学、動物解剖学Ⅰ・Ⅱ、動物解剖学実習、応用生物科学科からは、生物化学Ⅱ、生命化学概論、植物生産環境科学科からは、植物生理学の科目提供を受けながら、教育連携を行うことで、家畜の体の仕組み、病気の予防や公衆衛生、畜産食品製造などについて習得します。
これらを通して、「Soil-Plant-Animal System」と「from Farm to Table」の視点から家畜生産と草地生産を科学する「総合科学」である畜産草地科学を修めます。