教育研究分野紹介

動物遺伝育種学分野石田 孝史 准教授徳永 忠昭 助教

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~ags/lab/breeding/

経済動物としての家畜の生産性を持続的に高めていくための研究

現在、私たちの研究室では、日本有数の畜産地帯である南九州の立地を活かし、肉用牛および豚の生産性を高めるために、超音波を利用した産肉能力の推定、集団遺伝学的アプローチによる遺伝能力の推定および遺伝生化学的アプローチによる遺伝子レベルの解析によって、遺伝的な要因を明らかにする研究を幅広く行っています。さらに、繁殖能力のように集団を維持して行く上で必要な能力の向上によって、経済動物としての家畜の生産性を持続的に高めて行く研究も行っています。

動物生殖制御学分野續木 靖浩 教授

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~ags/lab/arp

家畜の体外受精技術に関する研究

動物生殖制御学分野では、家畜の体外受精技術に関する研究を行っています。対象家畜は豚です。体外受精を行うのに欠かせない卵母細胞をからだの外で成熟させる一番良い方法とは何かとか、胚発生率を向上させるためにはどうような処理をすればよか、また卵母細胞を長期保存する最良な方法とはどのようなものかなどについて、学生とともに研究を行っております。

動物生理栄養学分野川島 知之 教授 高橋 俊浩 准教授

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~ags/lab/apn/

-栄養から肉質の制御まで 生体のメカニズムを探る-

栄養による生産性向上と生産物の品質制御 生体のメカニズムを探る本教育研究分野は家畜栄養学をもとに、動物の飼料・栄養現象から、生体のメカニズム、畜産物の品質に及ぼす栄養の影響までを網羅しています。学問的には、栄養学、飼料学、生化学等をカバーしています。特に、畜産業や県などと連携して、エコフィード(食品残さ飼料)や未利用飼料資源の有効利用や高品質畜産物生産技術の開発、異常肉発生の原因と対策、生産性向上技術に関する研究などを行っています。

動物環境管理学分野家入 誠二 教授 坂本 信介 講師

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~food/animal/behavior/

行動から動物を知り能力を活かす・適正飼養管理を探る

低投入持続型家畜飼育方式,環境保全,動物福祉,動物資源の開発・評価をテーマに研究を行っています。熊本県での肉用牛の放牧やチベット高原やインド・ラダック湖周辺における放牧動物種(ヤク・ヒツジ・ヤギ)と放牧方式が生態系物質循環に及ぼす影響について,行動観察や植生調査などを行うことから研究しています。また,適正飼養管理や環境保全への貢献を目指し,実験動物,肉用牛そして野生動物の環境適応について調べています。

動物衛生微生物学分野
井口 純 准教授

http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/iguchi

フードチェーンに潜む病原細菌の研究

動物衛生微生物学分野では生産者から消費者までのフードチェーンに潜む病原細菌に注目し、獣医学・農学・医学領域にまたがった食中毒および人獣共通感染症原因細菌のコントロールを目指した研究を行っています。ゲノム科学を積極的に取り入れた細菌学研究により、新しい検査・分類法の開発、病原細菌の汚染実態調査、病原メカニズムの解明などに取り組んでいます。

草地生態システム学分野平田 昌彦 教授 安在弘樹 助教

草地生態系における「生物間」および「生物と環境間」の相互関係を探究します

飼料・家畜生産、野生生物・環境保全の場としての草地生態系の機能を、「生物と生物」および「生物と環境」の相互関係に重点をおいて解明する教育・研究領域です。草地生態系の動態解析を主要なテーマとし、「大型草食動物と草地植生の相互作用」、「放牧草地植生の時空的動態」、「大型草食動物における採餌メカニズム」、「ウシにおける個性の多面的評価と草地管理・利用への応用」等に関する研究を行っています。

草地管理学分野飛佐 学 准教授 井戸田 幸子 准教授

草地の生産性向上や持続的な利用のための様々な管理方法に関する研究に取り組んでいます

家畜の生産基盤となる草地の生産性向上および環境保全機能の向上に関する教育・研究を行っています。暖地型草地の生産性を向上させる管理方法の開発、新規導入草種を用いた草地の生産性向上および草地の環境保全機能の向上を主要なテーマとして、有用土壌微生物、草地の施肥・刈取・雑草防除、新規導入した暖地型イネ科牧草とマメ科牧草の生産性および家畜飼料としての評価、土壌環境(物理性、化学性および生物性)と草地の生産性との間の関係、家畜排泄物の有効利用等に関する研究を行っています。

飼料作物・利用学分野石井 康之 教授 新美 光弘 助教

地域に根付く飼料資源植物の栽培と利活用を目指して

わが国の西南暖地や東南アジアなどの世界の温暖地で栽培される暖地型牧草や飼料資源植物の最適栽培体系の開発、利活用および生産環境保全の向上を目指す教育研究分野です

  1. ネピアグラスの南九州における永続的栽培・利活用体系の確立とその普及
  2. 低・未利用資源植物の飼料的利用特性の解明と草地における温室効果ガス収支の観測

などの課題を中心に、留学生や大学院生・学生とともに研究を行っています。

草類遺伝資源・育種学分野明石 良 教授権藤 崇裕 助教(兼務)

http://www.brc.miyazaki-u.ac.jp/

モデル植物から作物育種への応用

本研究室では、以下のテーマで研究を進めています。1)飼料作物の品質向上を目的とした分子育種:暖地型イネ科牧草について遺伝子組換え技術を確立し、品質および環境耐性を向上するための有用遺伝子を探索し、遺伝子組換え技術により新規な育種素材を作出しています。2)植物遺伝資源の収集とその育種的利用:マメ科植物のミヤコグサおよびダイズとイネ科植物のシバ属の遺伝資源を収集・保存し、ゲノム解析によりマメ科およびイネ科植物の進化的研究、およびそれを用いた育種を行っています。

牧場分野(住吉フィールド)福山 喜一 教授小林 郁雄 准教授石垣 元気 特任助教

http://www.miyazaki-u.ac.jp/sfield/index.html/

粗飼料生産から家畜生産物まで-広大なフィールドと地域性を生かした実践的な教育と研究

実際にフィールドを利用した低コスト・省力的な粗飼料生産から、牛乳や牛肉などの畜産物までを研究対象としています。現在、1)南九州の気候に適した粗飼料生産体系、2)乳牛の放牧に適した牧草種の探索、3)放牧を中心とした黒毛和種繁殖牛の子牛生産性の向上、4)肥育牛における飼料自給率の向上などに取り組んでいます。また、当フィールドで生産された肉牛、生乳の一部は「宮崎大学Beef」、「宮崎大学Milk」として市販されています。

動物生産疫学分野(テニュアトラック推進機構)佐々木 羊介 准教授

http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/yskssk/

産業動物の生産システムを疫学で定量する!

img_11
ウシやブタ、ニワトリなどの産業動物の生産現場では、国際競争力向上のために多頭飼育化が急速に進み、生産システムと飼養技術が大きく変化してきています。そこで本分野では、疫学の手法を用いて、産業動物の生産システムの改善点を科学的に定量する研究を行っています。国際的に主流な最新の統計解析手法や疫学アプローチにより、獣医学分野や基礎動物科学分野の実験研究とは違う研究アプローチで、産業動物の生産性向上に寄与する研究を行っています。

畜産食品科学分野(応用生物科学科)河原 聡 教授 仲西友紀准教授

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~abs/niku/index.html

畜産物の品質維持と価値向上に関する研究

牛乳、食肉、卵などの畜産物は私たちの生活に欠かせない食品です。これらの食品は調理品や加工品として私たちの食卓を彩ってくれます。私たちは畜産物や畜産加工製品の品質維持や価値向上に関する研究を行っています。現在は、1)畜産物に特徴的な脂質の生成機構や生理機能に関する研究、2)食肉脂質の酸化抑制に関する研究、3)食肉の熟成機構解明や熟成技術の開発に関する研究、などに取り組んでいます。