1年生が農研機構(都城)で見学実習を実施

畜産草地科学基礎実習の一環として、一年生が農研機構 九州沖縄農業研究センター・都城拠点の見学実習に行きました(2017年6月24日)。午前には、小柳敦史 畑作研究領域長から「都城研究拠点の紹介」、荒川祐介畑土壌管理グループ長から「家畜ふん堆肥を造粒して使う研究」、村木正則・トウモロコシチーム長により「トウモロコシの育種研究、育成品種の紹介」について説明や講義を受けました。午後は、トウモロコシの交配育種の実体験および系統育成圃場の見学を行いました。

トウモロコシの育種についての講義の様子

DSC00416

 

 

トウモロコシの交配による育種作業を実体験する様子(雄穂の花粉を集めている)

DSC00436

系統育成の研究が行われている圃場を見学している様子

DSC00474 (1)

投稿日:2017.07.01