「トウモロコシとサトウキビ」 平成30年度 畜産草地科学基礎実習(第2回)

2018年6月23日に九州沖縄農業研究センター都城研究拠点(都城市)で畜産草地科学基礎実習(第2回目)を実施しました。午前中は研究拠点の沿革や概要、家畜飼料用のサトウキビとトウモロコシ生産に関する研究について紹介いただきました。午後には演習と圃場見学を通して、トウモロコシの交配育種について学びました。1年生の前期で、講義などで学んでいない内容も多かったですが、育種実験には皆積極的に取り組み、圃場見学中の質問も活発でした。また、研究員募集の案内をしていただき、大学で学んだことを活かせる機会を少しイメージできるような、有意義な実習になりました。

トウモロコシ圃場にて

都城研究拠点の紹介

トウモロコシの自殖交配実験

採集した花粉をつけた雌しべ

トウモロコシ栽培について

投稿日:2018.07.12