教育・研究内容の紹介

こんな教育を行います

  • 水域生物の生理・遺伝・分類、資源利用科学、水族の疾病、水域環境の保全に関する教育を行い、フィールド体験や実験実習を通して、海洋をはじめとした生物の生息水域における生物資源の生産・利用・管理および環境の保全について学びます。

水域生物の分類・遺伝・生理・生態

海洋生物分類学・海洋生物遺伝学・魚類学・魚類生理学・水域生物・生理学・海洋生物特別講義・水生生物解剖分類学実験

水域生物・環境の保全

環境微生物学・基礎水域化学・浅海環境学・深海環境学・水域資源保全学・水族館学・マリンダイビング論・海洋生物学実習・海洋生物環境学実験

水族の疾病

魚病学・水族病原微生物学・水生生物生体防御学

資源利用・水産科学

水域資源生態学・行動生態学・水産増養殖学・水産化学・水産化学実験・水域生物化学・水産資源化学・水産食品栄養学・マリンバイオテクノロジー・水族生産学実習・海洋生物探査講座・水産法規・水産経営学
 

学科教員の主な研究課題

  • ●世界の魚類資源の多様性と保全
  • ●エビ類の病気の予防と防御機構の解明
  • ●海岸と河川の生物多様性と保全
  • ●有用マリンバイオ資源の探索・利用
  • ●魚類の繁殖機構の解明と応用技術
  • ●海洋生物の有用化学成分の解明
  • ●水域微生物の有効利用と防疫
  • ●究極の魚類養殖用配合飼料開発
  • ●魚類の感染症の予防と治療

学科教員の出前講義

*高校から下記申込書か大学HPの様式でご依頼ください。 *申し込み書をご利用下さい。こちらよりPDFが開きます。→ 出前講義申込書 こちらのお問い合わせフォームもご利用下さい。

こんな出前講義を準備しています

1.海の恵みを暮らしに生かすマリンバイオサイエンス (教授 林 雅弘)

海は人類にとって未利用の生物資源の宝庫です。我が国の周囲をとりまく「海の恵み」を医薬、食品、化粧品、飼料、燃料など、様々な分野で利用する研究が世界中で進みつつあります。「海の恵み」が将来の私たちの暮らしにどう生かされ、私たちの暮らしはどう変わるのか、海洋生物資源の可能性について探ります。魚を食べると頭がよくなるだけじゃない?!

2.ミドリムシは地球を救う!?(教授 林 雅弘)

ミドリムシ(ユーグレナ)は動物にも植物にも分類される、ユニークな微生物です。その光合成能は非常に高く、高等植物の数十倍の効率でCO2固定を行います。また細胞の栄養価も高く、ビタミンや良質のタンパク質を豊富に含有することがわかっています。ミドリムシを利用して環境中のCO2削減を推進すると同時に、バイオ燃料・化粧品・機能性食品・水産飼料・医薬品を生産する試みを紹介します。ミドリムシによって地球環境や我々の暮らしが変わりますよ(^O^)v

3.『今日,あなたはエビを食べましたか?』(教授 伊丹利明)

日本人は,世界でもナンバーワンのエビ好き(shrimp eater)です。さて,そのエビはどこで,どのようにして作られているのでしょう?本当に安全なの?食品としての機能性は?東南アジアのマングローブを壊してるって本当?クルマエビと宮崎の深~い関係ってナニ?お任せください,そんな皆さんの疑問にお答えします。

4.日本と世界のサカナ達,その多様性と人類との共存を考える(教授 岩槻幸雄)

海の中は,潜らないと分からない! 知らざる魚類の多様な魚類達を垣間見る.お魚達の進化や分布とは? 種とは何? 最新魚類学講座

5.ウナギの不思議(教授 香川浩彦)

日本食文化の食材として、誰でも知っているウナギ。しかし、その産卵生態は謎に包まれています。私たちは、この不思議なウナギの産卵生態を解明するため、魚類生理学の立場から30年以上にわたり研究を行い、世界で初めてウナギのライフサイクルを水槽内で再現することに成功しました。この講義では、研究の楽しさや研究とはなにかについても語ります。

6.海岸環境の保全を考える(教授 三浦知之)

宮崎の海岸に生息する生物は一部を除き、ほとんど知られていませんでした。2002年に調査を始めたところ、新種カニや貝などを発見し、地域の自然の大切さがわかってきました。この講義では、世界に通じる海の貴重な自然や海洋生物の多様性を伝えたいと思います。

7.水産物の抗酸化機能(教授 幡手英雄)

食品には様々な有効成分が含まれています。水産物も、その例外ではなく、EPAやDHAなど陸上生物にはない優れた機能性成分の存在が知られています。この出前講義では、テレビのコマーシャルなどでもしばしば取り上げられている食品の抗酸化成分について、水産物を中心に話します。

8.養殖魚の疾病と予防(教授 吉田照豊)

人間の食料となる魚の半分は、養殖魚に依存しています。ウシ、ブタ、トリと同じく養殖魚にも多くの疾病があり、その治療および予防法も存在しています。この講義では、これら食料としての養殖魚の疾病と確立された予防法について紹介します。

9.宮崎県のサンゴの話(准教授 深見裕伸)

宮崎県にも沖縄に匹敵するほどのサンゴがいることを知っていますか?なぜ、宮崎にもたくさんサンゴがいるのか?地球温暖化とのかかわりは?宮崎のサンゴから環境について学びましょう。

11.回遊魚であるサケやウナギが河川と大海に生きる仕組み(教授 内田勝久)

我が国の水産資源として重要なサケやウナギは、塩分濃度の大きく異なる河川と海を行き来することで、個体の成長や繁殖を全うする回遊性魚類です。この講義では、サケやウナギの生活史を紹介しながら、これらの魚類がどの様な仕組みで異なる塩分環境に適応しているのかをお話しします。

12.奥深い微生物パワー ~21世紀は微生物元年!!~(准教授 田岡洋介)

地球の約7割は海洋環境ですが、海洋の豊かな物質循環の起点は微生物です。地球上の生態系を支える縁の下の力持ちは小さな小さな微生物。また我々の食生活を支えるのも微生物。醤油、焼酎、味噌、乳製品等々、微生物無くして語れません。微生物を知ることは私たちの21世紀を豊かにします!!そんな小さな巨人、微生物についてご紹介します。