延岡フィールドにて宮崎県立看護大学生の実習を行いました

延岡フィールドにて宮崎県立看護大学生の実習を行いました

6月9日~10日にかけて、田岡洋介准教授が講師となり、宮崎県立看護大学生1年生20名の実習を行いました。場所は宮崎大学延岡フィールド(水産実験所)。フィールドセンター長である、内田勝久教授の指導のもと、ウニの精子と卵子の受精やヤマメから採血の実習を行いました。宮崎大学の学生もTAとして参加し、大学間での学生交流も実施しました。



延岡フィールドにて、集合写真。



ヤマメから採血の練習中。

 



両大学生が協力してBBQの準備を行いました。

 



ヤマメの解剖を指導する内田教授。

 



採血に使用したヤマメ。