國立屏東科技大學での研修活動!!

國立屏東科技大學での研修活動!!

 

宮崎大学農学部は台湾の國立屏東科技大學と交流協定を締結しました。

これを受けて、学生による当該大学での研修が実施されました(2017年9月9日~13日)。

國立屏東科技大學は野生動物収容センターを有しており、獣医学部に所属する学生は

本施設での保護管理作業を体験するプログラムを持っています。

今回の研修は、本センターでの作業体験を目的とし、海洋生物環境学科2年生の3名が台湾に渡航、参加しました。

 

 

左)大学正門です。敷地面積は一周すると4kmにも及ぶため学生はバイクがかかせません。すごい数ですね。

右)大学の教員並びに所属学生との食事会も開催し、交流を深めました。

 

  

研修受け入れ先のVeterinary Medecine の学科では魚類のワクチン開発も行っています。

このような飼育システムを学内に有しており、学生が種々の試験を行っています。

右はクエを用いた飼育試験の様子です。

 

 

大学内にホテルがあり、そこを拠点に活動しました。

左)移動はレンタルできる自転車で。いざ野生動物収容センターへ!!

右)センター内で、所属しているDr.による説明を受けています。

 

 

左)作業服に着替えて、現地大学の学生と一緒に。 右)宿泊先ホテル(迎賓館)の前で記念撮影。一番右にいらっしゃるのが窓口教員の蔡先生とその隣が学科教員の田岡先生。蔡先生本当にお世話になりました!!

 



研修最終日には学部長である陳先生より修了証書が参加学生に手渡されました。

皆さん研修お疲れさまでした。

左上)橋本真紀子さん、右上)鈴木優花さん、左下)早見祐紀さん