韓国水産科学院(NIFS)との合同シンポジウム開催

韓国水産科学院(NIFS)との合同シンポジウム開催

宮崎大学農学部と韓国釜山にある国立水産科学院(NIFS, National Institute of Fisheries Science)は共同研究協定を昨年度締結しました。

この協定締結の第一回目の活動として、韓国釜山のNIFSにて、海洋生物環境学科とNIFSの研究員とで合同シンポジウムを開催しました。

養殖技術に関する研究分野を主体に口頭発表がなされ、また学生ら5名も帯同し、ポスター発表を行いました。
中には、まだ学部2年生、3年生の学生もおり、今後、国際舞台での活躍を期待したいところです。

尚、海洋生物環境学科では毎年韓国に学生を海外研修として派遣していますが、NIFSにも訪問・施設見学を行っています。

※過去のトピックス参照
☑学科HP:学部生の海外派遣研修(釜慶大學, 韓国)
 http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~fishery/2015/01/)

☑農学部HP:海外研修でグローバル体験
 http://www.miyazakiac.jp/agr/category/dakara/

今後の連携強化が期待されます。




シンポジウム会場にて。


学生らによるポスター発表。