教授 田中 竜介

教授 田中 竜介

研究室の紹介

水産食品分析学研究室

水産食品ならびに食材となる水産生物に含まれる化学成分の分析を行い、水産食品の品質ならびに水産生物の健康状態を評価する方法を開発しています。特に、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を利用した、迅速かつ高感度な分析方法の開発に着目しています。また、開発した評価法を利用して、既存の水産物や新しく開発された水産食品の品質評価、未利用資源の有効利用の探索に役立てています。

1. 植物ステロール類の分析法の開発

植物ステロールは様々な機能性を有するため注目されています。陸上の植物に含まれる植物ステロールに関する研究は進んでいますが、海洋の植物、すなわち海藻に含まれるステロール類に関する研究はあまり見あたりません。特に、海藻にフコステロールが含まれてることは知られていますが、その他のステロールについてはあまり情報がありません。海藻に含まれるステロール類を分析するために、蛍光-HPLC法を利用した分析方法の開発を行いました。この方法では、6種類のステロール類を一度に分析することが可能です。

<掲載論文>
・Ito M, Ishimaru M, Shibata T, Hatate H, Tanaka R. High-performance liquid chromatography with fluorescence detection for simultaneous analysis of phytosterols (stigmasterol, β-sitosterol,campesterol, ergosterol, and fucosterol) and cholesterol in plant foods. Food Analytical Methods, 10(8), 2692-2699(2017).

HPLC chromatogram of sterols

1, ergosterol; 2, fucosterol; 3, cholesterol; 4, stigmasterol; 5, campesterol; 6, β-sitosterol; 7, internal standard.


2. ビタミンE同族体ならびにビタミンAの同時分析法の開発

水産物には抗酸化機能を持つビタミンE同族体ならびにビタミンAが多く含まれています。これらを分析する際はそれぞれの方法で別々に行っていますが、一回の分析で2種のビタミンを同時に分析する方法を開発しました。

<掲載論文>
・Ishimaru, M., Haraoka, M., Hatate, H., & Tanaka, R. High-performance liquid chromatography with fluorescence detection for simultaneous analysis of retinoids (Retinyl palmitate, Retinyl acetate, and Retinol) and α-, β-, γ-, and δ-tocopherols in Foods. Food Analytical Methods, 10(1) 92–99(2017).

HPLC chromatogram of retinoids and tocopherols

1, retinyl palmitate; 2, retinyl acetate; 3, α-tocopherol; 4, β-tocopherol; 5, γ-tocopherol; 6, δ-tocopherol; 7, retinol


3. 水産物の鮮度と旨味の同時分析法の開発

水産物の鮮度指標としてATP分解物を指標としたK値があります。また、水産物の旨味成分のひとつとしてヌクレオチドモノリン酸があります。これら、鮮度と旨味を分析する際はそれぞれの方法で別々に行っていますが、一回の分析で同時に分析する方法を開発しました。

<掲載論文>
・Ishimaru, M., Haraoka, M., Hatate, H., Tanaka, R. Simultaneous analysis of purine and pyrimidine compounds associated with the freshness and taste of marine foods. Food Analytical Methods, 9(6), 1606-1615(2016).

HPLC chromatogram of nucleic acid-related substances:

1, CMP; 2, Guanine; 3, Hx; 4, Xt; 5, GMP; 6, IMP; 7, HxR; 8, AMP; 9, ADP; 10, AdR; 11, ATP.


4. アルデヒドを利用した水産食品の品質評価

水産物には健康機能性を持つ脂質が多く含まれていますが、酸化しやすい特徴があります。脂質酸化物は他の成分と反応することにより食品の味や機能を低下させるため、その含量を知ることは食品の品質を維持するために必要です。本研究室では、脂質酸化物の一つであるアルデヒド類の微量分析法の開発を行っています。特にアルデヒドの一つである4-hydroxy-2-hexenal (HHE)は、水産物に多く含まれるEPAやDHAなどのn-3脂肪酸が酸化することによって生じるため、水産物の新しい品質指標として期待されます。これまでに、健康魚と病気魚の判定、冷凍水産物の品質評価、海苔のランクの判定を行いました。

<掲載論文>
・Tanaka, R., Ishimaru, M., Hatate, H., Sugiura, Y., Matsushita, T.  Relationship between 4-hydroxy-2-hexenal contents and commercial grade by organoleptic judgement in Japanese dried laver Porphyra spp. Food Chemistry, 212 (12) 104 – 109 (2016).
・Tanaka, R., Shigeta, K., Sugiura, Y., Hatate, H., Matsushita, T. Accumulation of hydroxyl lipids and 4-hydroxy-2-hexenal in live fish infected with fish diseases. Lipids, 49, 385-396 (2014).
・Tanaka, R., Sugiura, Y., Matsushita, T. Simultaneous identification of 4-hydroxy-2-hexenal and 4-hydroxy-2-nonenal in foods by pre-column fluorigenic labeling with 1,3-cyclohexanedione and reversed-phase high-performance liquid chromatography with fluorescence detection. Journal of Liquid Chromatography & Related Technologies, 36, 7, 881-896 (2013).

 

 

 

研究室の活動

製作中

教員のプロフィール

教授 田中 竜介 教授 田中 竜介
研究室番号:S208
e-mail: rtanaka@cc.miyazaki-u.ac.jp
1. 経歴 1993年03月 農林水産省水産大学校製造学科 卒業
1993年04月 九州大学大学院農学研究科 入学
1997年09月 九州大学大学院農学研究科博士後期課程 中退
1997年10月 農林水産省水産大学校食品化学科 助手
2005年04月 独立行政法人水産大学校食品化学科 講師
2010年04月 独立行政法人水産大学校食品化学科 准教授
2013年02月 宮崎大学農学部海洋生物環境学科 准教授
2017年04月 宮崎大学農学部海洋生物環境学科 教授 (現在に至る)
2. 学位 博士(農学) 九州大学
3. 所属学会 日本水産学会、日本油化学会
4. 担当授業科目 水産化学(主担当)、基礎水域化学、水産資源化学(以上分担)など
5. 著書

最近5年間の業績
・田中竜介 (2017): 脂質劣化の評価法. 水産物の先進的な冷凍流通技術と品質制御-高品質水産物のグローバル流通を可能に-, 恒星社厚生閣, 東京, pp. 141-152.
・Matsushita T, Tanaka R, Fukushima H, Fukuda Y. (2013) In:Hypocholesterolemic and hypolipidemic effects of Emulsified Surimi feeding mice. Eicosapentaenoic Acid: Sources, Health Effects and Role in Disease Prevention. Nova Sciences Publications, Inc., NY, USA, pp 153-163.
・熊沢泰生, 田中竜介, 木下弘実. (2012): 蓄養のための簡易活魚海上運搬装置の開発. 沿岸漁獲物の高品質化 -短期蓄養と流通システム-.恒星社厚生閣, 東京, pp 130-140.

6. 論文

最近5年間の業績
・Tanaka R, Uchida K, Ishimaru M, Ito M, Matsumoto N, Taoka Y, Hatate H. Effect of seawater reared on the nutritional composition and antioxidant activity of edible muscle in smoltified-landlocked masu salmon (Oncorhynchus masou masou) Journal of Food Measurement and Characterization doi:10.1007/s11694-017-9631-1
・Ito M, Ishimaru M, Shibata T, Hatate H, Tanaka R. High-performance liquid chromatography with fluorescence detection for simultaneous analysis of phytosterols (stigmasterol, β-sitosterol,campesterol, ergosterol, and fucosterol) and cholesterol in plant foods. Food Analytical Methods,10(8), 2692-2699 (2017).
・Ishimaru, M., Haraoka, M., Hatate, H., Tanaka, R. High-Performance Liquid Chromatography with Fluorescence Detection for Simultaneous Analysis of Retinoids (Retinyl Palmitate, Retinyl Acetate, and Retinol) and α-, β-, γ-, and δ-Tocopherols in Foods. Food Analytical Methods, 10(1), 92–99 (2017).
・Tanaka, R., Nakazawa, N., Maeda, T., Fukushima, H., Wada, R., Sugiura, Y., Matsushita, T., Hatate, H., Fukuda, Y. Effects of chilled storage, freezing rates, and frozen storage temperature on lipid oxidation in meat blocks from cultured bluefin tuna Thunnus thynnus. Journal of Aquatic Food Product Technology, 25 (7) 1073-1085 (2016).
・Tanaka, R., Ishimaru, M., Hatate, H., Sugiura, Y., Matsushita, T. Relationship between 4-hydroxy-2-hexenal contents and commercial grade by organoleptic judgement in Japanese dried laver Porphyra spp. Food Chemistry, 212 (12) 104 – 109 (2016).
・Ishimaru, M., Haraoka, M., Hatate, H., Tanaka, R. Simultaneous analysis of purine and pyrimidine compounds associated with the freshness and taste of marine foods. Food Analytical Methods,9(6), 1606-1615 (2016).
・Tanaka, R., Miyamoto, H., Inoue, S., Shigeta, K., Kondo, M., Itoh, T., Kodama, H., Miyamoto, H., Matsushita, T. Thermophile-fermented compost as a fish feed additive modulates lipid peroxidation and free amino acid contents in the muscle in the Carp, Cyprinus carpio. Journal of Bioscience and Bioengineering, 121(5), 530-535 (2016).
・Sugiura, Y., Kinoshita, Y., Usui, M., Tanaka, R., Matsushita, T., Miyata, M. The suppressive effect of a marine carotenoid, fucoxanthin, on mouse ear swelling through regulation of activities and mRNA expressions of inflammation-associated enzymes Food Science and Technology Research, 22(2), 227-234 (2016).
・田中竜介, 中澤奈穂, 前田俊道, 福島英登, 和田律子, 杉浦義正, 松下映夫, 幡手英雄, 岡野利之, 福田裕. 国内流通サバ類の冷凍期間・温度による脂質酸化ならびにアルデヒド類への影響. 日本冷凍空調学会論文集, 32, 1, 39-49 (2015).
・中澤奈穂, 和田律子, 田中竜介, 岡野利之, 福島英登, 前田俊道, 岡﨑惠美子, 福田裕. 冷凍サバの品質に及ぼす影響要因解明. 日本冷凍空調学会論文集, 32, 1, 29-37 (2015).
・Sugiura, Y., Nagayama, K., Kinoshita, Y., Tanaka, R., Matsushita, T. The anti-allergic effect of the ethyl acetate fraction from an Ecklonia kurome extract. Food and Agricultural Immunology, 26, 2, 181-193 (2014).
・Tanaka, R., Shigeta, K., Sugiura, Y., Hatate, H., Matsushita, T. Accumulation of hydroxyl lipids and 4-hydroxy-2-hexenal in live fish infected with fish diseases. Lipids, 49, 385-396 (2014).
・Sugiura, Y., Tanaka, R., Katsuzaki, H., Imai, K., Matsushita, T. The anti-inflammatory effects of phlorotannins from Eisenia arborea on mouse ear edema by inflammatory inducers. Journal of Functional Foods, 5, 4, 2019-2023 (2013).
・Tanaka, R., Fukushima, H., Maeda, T., Kumazawa, T., Sugiura, Y., Matsushita, T., Hatate, H., Fukuda, Y. Effect of short-term holding without feeding after capture on reduction in oxidative stress and maintenance of lipid and amino acid contents in Japanese scad Decapterus maruadsi. North American Journal of Aquaculture, 75, 4, 562-571 (2013).
・Miyamoto, H., Shimada, E., Satoh, T., Tanaka, R., Oshima, K., Suda, W., Fukuda, S., Nishiuchi, T., Matsuura, M., Mori, K., Miyamoto, H., Ohno, H., Hattori, M., Kodama, H., Matsushita, T. Thermophile-fermented compost as a possible scavenging feed additive to prevent peroxidation. Journal of Bioscience and Bioengineering, 116, 2, 203-208 (2013).
・Tanaka, R., Naiki, K., Tsuji, K., Nomata, H., Sugiura, Y., Teruo, M., Kimura, I. Effect of ant-oxidative treatments on lipid oxidation in skinless fillet of Pacific saury Cololabis saira in frozen-storage. Journal of Food Processing and Preservation, 37, 325-334 (2013).
・Tanaka, R., Sugiura, Y., Matsushita, T. Simultaneous identification of 4-hydroxy-2-hexenal and 4-hydroxy-2-nonenal in foods by pre-column fluorigenic labeling with 1,3-cyclohexanedione and reversed-phase high-performance liquid chromatography with fluorescence detection. Journal of Liquid Chromatography & Related Technologies, 36, 7, 881-896 (2013).
・福田裕, 福島英登, 前田俊道, 田中竜介 沿岸漁獲物の付加価値向上の取り組み~短期蓄養と漁業のコラボレーションで日本の水産業に活力を~. 海洋水産エンジニアリング, 13, 96-102 (2013).

9. 発表・講演 最近5年間の業績
【国内学会】
・隅山友晶, 黒木結生, 田中竜介 幡手英雄, 塩蔵発酵エビペーストの原料素材のもつ抗酸化機能の評価, 2016 年度日本水産学会秋季大会, 奈良, (2016).
・杉浦義正, 谷口凌佑, 田中竜介, 松下映夫 宮田昌明, Caco-2細胞を用いたフロロタンニンの腸管吸収に関する研究, 2016 年度日本水産学会秋季大会, 奈良, (2016).
・石丸真美, 原岡優斗, 幡手英雄 田中竜介, 水産物中のビタミンAおよびEの蛍光-高速液体クロマトグラフィー法による同時分析, 2016 年度日本水産学会秋季大会, 奈良, (2016).
・伊藤芽以子, 石丸真美, 柴田敏行, 幡手英雄 田中竜介, 蛍光-高速液体クロマトグラフィーを用いた海藻に含まれる植物性ステロールの分析方法の開発, 2016 年度日本水産学会秋季大会, 奈良, (2016).
・田中竜介, 水産物の品質評価法の進歩-アルデヒド類・ビタミン類による脂質劣化の評価法-, 2016 年度日本水産学会シンポジウム, 東京, (2016).
・深谷一斗, 田中竜介, 内田勝久 田岡洋介, みやざきサクラマスを用いたγ-アミノ酪酸(GABA)強化魚醤の開発, 2015 年度日本生物工学会九州支部大会, 宮崎, (2015).
・六反田章維, 中武邦博, 湯之上諒, 田中竜介 幡手英雄, アルテミア幼生の生体エキスの抗酸化機能, 2015 年度日本水産学会支部大会, 宮崎, (2015).
・湯之上諒, 井上正太, 六反田章維, 田中竜介 幡手英雄, 珪藻キートセラスグラシリスの抗酸化色素の解析とその摂餌効果のアサリ貝による検討, 2015 年度日本水産学会支部大会, 宮崎, (2015).
・幡手英雄, 川辺大輔, 湯之上諒 田中竜介, 塩蔵発酵エビペーストの食機能強化− メイラード反応産物の影響 −, 2015 年度日本水産学会秋季大会, 仙台, (2015).
・中澤奈穂, 前田俊道, 福島英登, 和田律子, 田中竜介, 岡﨑惠美子 福田裕, 冷却温度が冷凍マサバ肉のpH値とATP含量および解凍後の品質に及ぼす影響, 2015 年度日本水産学会春季大会, 東京, (2015).
・田中竜介, 中澤奈穂, 前田俊道, 福島英登, 和田律子, 杉浦義正, 松下映夫, 幡手英雄 福. 裕, 養殖クロマグロフィレにおける初期鮮度、凍結速度、保管温度、保管期間による脂質関連物質の変化, 2015 年度日本水産学会秋季大会, 仙台, (2014).
・中澤奈穂, 前田俊道, 福島英登, 和田律子, 田中竜介, 岡﨑惠美子 福田裕, 冷凍サバのpHとATP含量に及ぼす冷却速度と冷却最終温度の影響, 平成26年度水産利用関係試験研究推進会議, 横浜, (2014).
・原岡優斗, 石丸真美, 幡手英雄 田中竜介, HPLC によるビタミン E同族体とビタミンAの同時分析法の開発, 2014 年度日本水産学会九州支部若手の会, 鹿児島, (2014).
・石丸真美, 原岡優斗, 幡手英雄 田中竜介, 水産物の鮮度ならびに旨味成分に関する核酸関連物質の一斉分析法の開発, 2014 年度日本水産学会九州支部若手の会, 鹿児島, (2014).
・幡手英雄, 仲原勇樹, 杉本礼央, 湯之上諒 田中竜介, ウニ生殖巣含有ナフトキノン色素の抗酸化活性およびLC-MS分析, 2014 年度日本水産学会秋季大会, 福岡, (2014).
・田中竜介, 石丸真美, 原岡優斗 幡手英雄, 水産物の鮮度ならびに旨味成分に関する核酸関連物質の一斉分析法の開発, 2014 年度日本水産学会秋季大会, 福岡, (2014).
・杉浦義正, 田中竜介, 松下映夫 宮田昌明, 褐藻サガラメ由来フロロタンニンの免疫調節作用, 2014 年度日本農芸化学会, 東京, (2014).
・中澤奈穂, 福島英登, 和田律子, 前田俊道, 田中竜介, 岡﨑惠美子 福田裕, 魚肉の氷結晶サイズ に及ぼす凍結速度及び冷保管温の影響, 2014 年度日本水産学会春季大会, 北海道, (2014).
・杉浦義正, 田中竜介, 松下映夫 宮田昌明, In vivo における褐藻サガラメ由来フロロタンニンの抗アレルギー作用, 2013 年度日本水産学会秋季大会, 三重, (2013).
・中澤奈穂, 前田俊道, 福島英登, 和田律子, 田中竜介, 岡﨑惠美子 福田裕, マサバ筋肉の冷却速度 がATP含量の保持に及ぼす影響, 2013 年度日本水産学会秋季大会, 三重, (2013).
・幡手英雄, 千頭篤人, 仲原勇樹, 田中竜介 雉子谷佳男, ウニ殻の抗酸化性色素の分布とラジカル捕捉能, 2013 年度日本水産学会秋季大会, 三重, (2013).
・田中竜介, 杉浦義正 松下映夫, UHPLCによるビタミンE異性体・ビタミンAの同時分析法の開発, 2013 年度日本水産学会秋季大会, 三重, (2013).
・中澤奈穂, 山口貴則, 和田律子, 田中竜介, 岡野利之, 山内和夫, 長島徳雄, 田中憲壯, 福島英登, 前田俊道, 岡﨑惠美子 福田裕, 冷凍サバの品質に及ぼす凍結時鮮度の影響, 2013 年度日本冷凍空調学会年次大会, 東京, (2013).
・和田律子, 水口正太朗, 中澤奈穂, 田中竜介, 岡野利之, 山内和夫, 長島徳雄, 田中憲壮, 福島英登, 前田俊道, 原田和樹 福田裕, 冷凍サバの官能評価に影響を与える要因について, 2013 年度日本冷凍空調学会年次大会, 東京, (2013).
・木下佑一, 杉浦義正, 田中竜介, 松下映夫 宮田昌明, 海藻ポリフェノールのdieckol によるin vivo での抗炎症効果, 第37回中国四国支部大会講演会, 広島, (2013).
・杉浦義正, 勝崎裕隆, 今井邦雄, 田中竜介 松下映夫, 褐藻サガラメ脂溶性画分から単離された抗アレルギー性成分, 2013年度日本農芸化学会大会, 仙台, (2013).
・中澤奈穂, 大礒拓也, 名. 葵, 川口優馬, 福島英登, 和田律子, 田中竜介, 前田俊道 福田裕, 凍結速度と冷凍保管温度による魚類筋肉組織の氷結晶サイズの変化, 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京, (2013).
・和田律子, 水口正太朗, 中澤奈穂, 田中竜介, 岡野利之, 山内和夫, 長島徳雄, 田中憲壮, 福島英登, 前田俊道, 原田和樹 福田裕, 国産とノルウェー産冷凍サバの官能評価, 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京, (2013).
・中澤奈穂, 山口貴則, 田中竜介, 和田律子, 岡野利之, 山内和夫, 長島徳雄, 田中憲壯, 福島英登, 前田俊道 福田裕, 国産とノルウェー産冷凍サバの鮮度と品質の調査, 平成25年度日本水産学会春季大会, 東京, (2013).
【国際学会】
・Ito M, Ishimaru M, Shibata T, Hatate H, Tanaka R: Development of high-performance liquid chromatography with fluorescence detection for higher sensitivity analysis of phytosterol in marine algae, The 10th IMT-GT UNINET Conference 2016 (Bioscience: The Element of Life), SongKhla, Thai, (2016).
10. 学内外の活動 日本水産学会九州支部 支部幹事 (平成26年~平成29年)
11. 報道関係

最近5年間の業績
なし

12. 外部資金 【科学研究費補助金】
・日本学術振興会科学研究費補助金(基盤 C) (代表) 「アルデヒドの可視化技術を利用した水産物の品質評価法の開発」, 実施年度 2010-2012.
・文部科学省科学研究費補助金(若手 B) (代表) 「水産物中のヒドロキシ脂質およびアルデヒド類を利用した新規の品質評価法の開発」, 実施年度 2005-2007.
【その他の競争的資金】
・一般財団法人旗影会 研究助成「4-hydroxy-2-hexenalを指標とした水産物の簡易品質評価法の開発」 実施年度 2015-2016.
・科学技術庁研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ (代表) 「水産物の脂肪含量の簡易測定キットの開発」, 実施年度 2011-2012.
13. その他 なし