田中教授の研究グループが論文発表

田中教授の研究グループが論文発表

田中教授の研究グループの成果が、Marine Environmental Researchに掲載されました。本論文は、褐藻類のモデル生物として知られるシオミドロの熱ストレス応答を膜脂質に含まれるステロールならびに脂肪酸の変化で評価したものです。本研究は北海道大学との共同研究であり、ステロールならびに脂肪酸の分析ならびに評価は本研究室の修士学生が行いました。

Mikami K, Ito M, Taya K, Kishimoto I, Kobayashi T, Itabashi Y, Tanaka R (2018) Parthenosporophytes of the brown alga Ectocarpus siliculosus exhibit sex-dependentdifferences in thermotolerance as well as fatty acid and sterol composition. Marine Environmental Research 137:188 – 195

第20回マリンバイオテクノロジー学会宮崎大会開催

マリンバイオテクノロジー学会大会宮崎大会が、去る5/26, 5/27にシーガイアコンベンションセンターにて開催されました。

海洋生物環境学科からは、林雅弘教授が大会副会長として、長野直樹准教授田岡洋介准教授が委員として、大会の運営として対応しました。

予想を超える参加者の方が県内外からお越し頂き、盛況のうちに大会を終えることができました。

どうもありがとうございました。

 

発表については、田岡洋介准教授

・みやざきサクラマスを用いたアンセリン強化魚醤油の開発

と題して口頭発表を、

田岡研学部4年生の田井紀之君

・Thraustochytrids-protein を用いた完全魚粉代替飼料がコイ Cyprinus carpio の成長及び体成分に与える影響

と題してポスター発表を行いました。



田岡研4年生の田井紀之君

 



懇親会では、日向高校による、書道パフォーマンスも実施されました。

書道部の先生、生徒の皆さん、どうもありがとうございました!!

 

平成30年度日本農芸化学会西日本支部例会

来る5月18日に福岡で開催される平成30年度日本農芸化学会西日本支部例会で、海洋生物環境学科の林 雅弘教授が講演します。

http://nishinihon.jsbba.or.jp/presentation/presentation2018/322.html

日時 平成30年5月18日(金) 14:00-19:00

会場 アサヒビール園博多店 (講演会・懇親会)
アサヒビール(株)博多工場 (工場見学)
〒812-0895 福岡県福岡市博多区竹下3-1-1 ℡:092-431-2701

参加料:無料     懇親会費:一般4,000円 学生2,000円

特別講演: 14:00~16:10
14:00~14:10 支部長挨拶
14:10~14:50 「ニュートリメタボロミクスを切り拓く複合成分系食品の機能性プロファイリング」
藤村 由紀(九州大学大学院農学研究院)
14:50~15:30 「海洋油糧微生物ラビリンチュラの産業利用の可能性」
林 雅弘(宮崎大学農学部海洋生物環境学科)
15:30~16:10 「DNA関連酵素と遺伝子工学技術 ~その40年の歴史~」
石野 良純(九州大学大学院農学研究院)

工場見学:16:15~17:00
懇親会:17:00~19:00