田岡准教授の研究グループ(MEM)が論文発表

田岡准教授の研究グループ(MEM)が論文発表

田岡准教授の研究グループの成果が、Fisheries Science誌に掲載されました。本論文は、養殖魚の疾病予防に有効な乳酸菌(プロバイオティクス)を探索することを目的とし、種々の試料より単離し、単離した乳酸菌に対して魚病細菌への拮抗性や胃腸液耐性など、さまざまなスクリーニング試験を実施した研究です。本研究の結果、発酵食品より単離した乳酸菌が抗菌性、胃腸液耐性などのプロバイオティクス能力が高い事が分かり、プロバイオティクス有望株として選抜しました。また16S rRNA遺伝子配列の情報に基づき、本株はLactococcus lactisであることが分かりました。既に、本株を用いた魚類への経口投与試験を実施しており、飼育試験の知見を基に論文を投稿中です。

 

掲載誌*:Fisheries Science (2018) 84 101-111

*Link: https://link.springer.com/article/10.1007/s12562-017-1150-9

論文タイトル:Screening of lactic acid bacteria isolated from fermented food as potential probiotics for aquacultured carp and amberjack

著者:Linh Nguyen Thi Hue, Kentaro Sakai, Yousuke Taoka