学科内容の紹介

どんな学科?

  • 海洋は地球の環境を和らげ、生物資源に満ちています。このような水圏環境について深く学び、生物の多様性と利活用を理解・修得することによって、広く人類の未 来について思索し、地域ばかりなく、国際社会に通用する教育・研究を行うために、新しく設けられた学科です。

こんな受験生の皆さんに来ていただきたいと考えています。

  • 生物と自然科学に関する基礎学力を有している人
  • 水域の生物や自然に興味を持っている人
  • 水域環境の保全において活躍したい人
  • 水域での生物生産に関心の高い人
  • 水域生物の資源を人類の幸福に役立てたい人

こんな授業を行います。

海洋環境について

海洋生物環境学概論・海洋生物環境学実習・環境微生物学・深海環境学・浅海環境学・水域資源生態学

野外実習や体験授業

海洋生物学実習(干潟・岩礁観察)・海洋生物探査講座(海洋観測)・マリンダイビング論・水族館学(ミニ水族館・展示体験)


将来はこんな職業を目指してもらいます。

水産物・食品・飼料製造・流通関連企業・漁連・漁協等団体・船舶・保険会社・医薬品関連企業・水族館・博物館・海洋観光産業・公務員・教員・環境アセス・コンサルタント・試験・研究所、大学院

学科教員の研究室卒業生たちはこんなところで活躍してます。

学科構成教員の研究室を卒業した先輩たちの主な進路

日本水産・キリンビール・明治製菓・伊藤忠食品・日本食研・ 大塚製薬・エーザイ・協和発酵・エスコム・トーメンフーズ・リコー林兼産業・コーキン化学・生活協同組合・日本たばこ産業・宮崎県庁・長崎県庁・熊本県庁・鹿児島県庁・沖縄美ら海水族館・鹿児島水族館・アクアマリン福島・アドベンチャーワールド・ハウステンボス・国家公務員(水産庁)・大学教員

大学院進学先

宮崎大学・東京大学・東京大学海洋研究所・北海道大学・東京海洋大学・筑波大学・長崎大学

宮崎大学農学部に水産系の学科コースがあった時代
昭和63年から平成9年まで 水産学科・水族生産コース
総数288名(その他39;不明20を含む)

公務員48名16.7%
水産会社等47名16.3%
医薬品関係30名10.4%
食品関係27名9.4%
環境アセスメント関係21名7.3%
水産関連団体14名4.9%
教員10名3.5%
流通関係8名2.8%
その他各種団体4名1.4%
進学20名6.9%

海洋生物環境学科に関連した資格と免許

関連科目を履修した卒業生には、下記の表に示すような資格や受験資格が付与されます。
▲:受験に有利になる資格(取得のための関連授業を設けている) ○:必要な単位を取得して得られる資格(現在関係機関・団体に申請中のものも含みます)

  • ▲普及指導員(4年以上の実務経験が必要)、▲潜水士免許
  • ○高等学校教諭 一種免許状(理科)、○高等学校教諭 一種免許状(水産)、
  • ○学芸員、○食品衛生管理者、○食品衛生監視員