当院は、宮崎県獣医師会の会員動物病院とともに「宮崎地域動物医療ネットワーク」を運営する中核病院です。

宮崎大学農学部附属動物病院
トップ
ごあいさつ
概要と特徴
診療案内
施設紹介
飼い主の皆様へ
開業の先生方へ
アクセス
当院は、宮崎県獣医師会の会員動物病院とともに「宮崎地域動物医療ネットワーク」を運営する中核病院です。
宮崎大学農学部附属動物病院の概要と特徴
 宮崎大学農学部附属動物病院は、昭和15年宮崎高等農林学校時代に開設され(初代病院長 河野成助教授)、その後、昭和28年官制化されて宮崎大学農学部の附属施設となりました。その後、昭和60年に船塚キャンパスから現在の木花キャンパスへの移転し、平成20年には、附属家畜病院から附属動物病院へと名称が変更されました。さらに、宮崎大学農学部附属動物病院は平成19年4月より開業の先生方から紹介を受けた動物のみを診療する、いわゆる二次診療施設となりました。平成21年度現在、本院の構成は、動物病院講座、獣医内科学講座、獣医外科学講座、獣医臨床放射線学講座、獣医寄生虫病学講座、獣医臨床繁殖学講座、獣医病理学講座の7講座により成り立っており、獣医学科学生の臨床教育、実習の場としてはもとより、農学部の一附属施設として他学科、他施設にもご利用いただいております。
  本院の特徴としては、宮崎県が全国を代表する黒毛和種牛の生産地でもあることから、牛の繁殖障害、代謝障害、骨折・脱臼や臍ヘルニアなどの外科疾患を積極的に受け入れていることが挙げられます。また、当然のことながら、病気を患った伴侶動物(犬、猫)に対しても、最新の研究成果や技術を取り入れ、ご紹介いただいた開業の先生方とともに難病で苦しむ動物たちを救護し、飼い主の皆さまのお役に立てるよう日々努力しております。
旧家畜病院
旧家畜病院
現動物病院
現動物病院
牛の診療風景
牛の診療風景
犬の診療風景
犬の診療風景
宮崎県獣医師会 宮崎地域動物医療ネットワーク