ご挨拶

この度、2018年4月に宮崎大学農学部附属動物病院の病院長を拝命しました。宮崎大学農学部附属動物病院は、65年の歴史があり、歴代の病院長の意志を受け継ぎ、しっかりとその責務を果たしていきたいと考えております。精一杯努力しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本院の沿革について少しお話しいたします。本院は1953年の設立以来、臨床獣医学の教育研究および卒後研修の場として、そして地域の中核となる動物診療機関としての役割を担ってきました。特に2007年度以降は専門性を備えた高度獣医療を提供する二次診療施設(地域の動物病院や診療機関から紹介を受けた動物を診療する施設)として、地域とのネットワーク、連携を強めています。宮崎県内はもとより県外からも多数の動物が来院しています。

高度獣医療に関しては伴侶動物用のCT装置や内視鏡装置はもちろんのこと、産業動物(牛を含む大型動物)用のCT装置、そして腹腔鏡手術装置は伴侶動物から産業動物まで広範囲の動物に対応しています。さらに、2010年度に設置された医学獣医学総合研究科は医学と獣医学が融合した全国で唯一の研究科ですが、関連施設としてMRI室、陽圧手術室、大型動物用手術室を完備した建物が本院に隣接しており、高度獣医療を実践する施設、高度獣医師を養成する施設としても利用されています。

本院では大学教員である各診療科の獣医師が学生を指導しながら研修獣医師、動物看護師、事務職員と協力して最先端の獣医療を実践するべく日夜努力しています。私たちスタッフ一同は最先端の設備を駆使して診療技術の研鑽に励み続けることを通して、動物を愛する皆様、そして動物の‘いのち’を護る地域の獣医師の皆様から信頼される高度獣医療を提供する施設として、今後も役割を果たしていく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

宮崎大学農学部附属動物病院
病院長 鳥巣至道

当院は「宮崎地域動物医療ネットワーク」の中核病院です。

宮崎大学農学部附属動物病院
住所:宮崎県宮崎市学園木花台西1-1
TEL:0985-58-7286(動物病院受付)
FAX:0985-58-7156(動物病院受付)