本文へスキップ

高度な技術と指導性を有する家畜衛生・家畜臨床獣医師育成事業

事業の成果

   

獣医公衆衛生学研究室の三澤尚明教授と山崎 涉准教授がLAMP法による口蹄疫の迅速診断法を開発し、特許を出願しました(平成23年4月)。
宮崎日々新聞のトップページで紹介されました。





口蹄疫診断に向けて:ラットの赤外線カメラによる体温の測定から牛・豚の体温の測定への応用開発
(獣医生理学研究室、臨床繁殖学研究室、獣医衛生学研究室の共同)


宮崎大学獣医学科

〒889-2155
宮崎市学園木花台西1-1

TEL 0985-58-7265
FAX 0985-58-7265