鳥巣研究班の募集案内

専科研修医・大学院生・研究生の募集

鳥巣の研究室では、研修医(専科)と大学院生、そして研究生を募集しております。

2019年度 大学院生募集

研究テーマ:『人工透析』(宮大医学部との共同研究)
実験も臨床経験も十分に積めます。

詳しくはPDFをご覧ください

獣医師の皆様へ

専科研修医に関しては、宮崎大学農学部附属動物病院で全科研修医を修了もしくは、これまでの臨床経験や経歴など応募条件があります。まずは、見学・実習含めご連絡ください。

2018年度からは、専科研修医 1名が加わります。

大学院生・研究生の募集

鳥巣研究班では、大学院生を募集しています。
これまでに大学院生2名が卒業しています。
現在フルタイム大学院生1名と社会人院生1名です。

本研究室の大学院生になるメリット

一般的に、獣医の外科系大学院に進学しても、論文を書く技術は学べますが、臨床能力を磨くことは難しいのが現状です。私の指導方針は、臨床能力をとりあえず磨く必要があると考えています。研究内容も明日からの臨床に役立つ臨床研究を目指しています。したがって、最初の1~2年はがっつり臨床をしてもらいます。手術助手、診療補助、麻酔管理、ICU管理などを学んだ上で、3~4年生で基礎的な実験手技をしっかり学び、論文を仕上げていきます。

Q&A

大学院って何するところ?

大学院は、博士号を取得するためのコースです。日本国内で獣医系大学の教員になりたければ、博士号は必須になります。また、研究者の最初の1歩でもあります。専門知識を更に深めて研究者として独立できるようになるための最初のステップです。

開業して臨床をするなら、博士号は必要ないの?

基本的に、開業して臨床をするなら博士号は必要ありません。しかし、大学院で専門性の高い知識を身につけたり、物事を理路整然と考えるスキルを身につける事ができるのも大学院の魅力です。

開業医や代診の先生方が、一般臨床で限界を感じたときに大学院に進学することを決意する人もいます。当研究室の大学院生もココに該当します。

大学院に行ったら、何がもらえるの?

大学院に行って、しっかりと研究論文を仕上げたら獣医学博士の称号が得られます。

宮崎大学の大学院のメリットは?

宮崎大学は、全国で唯一の医学獣医学総合研究科となっています。大学院の授業では、獣医系の授業だけでなく医学系の授業も多く受講できます。
また医学部との共同研究も行っていますので、医学部との交流もあります。

大学院卒業後の進路は?

残念ながら大学院卒業後の進路は、そんなに甘くはありません。
大学教員になれるのは、ごく一部です。しかし、しっかりとしたスキルと論文数を持っていれば、その専門性を活かし、就職先を見つけることが可能です。

実績:
宮崎大学 農学部附属動物病院 助教 1名
宮崎大学 農学部附属動物病院 特別助教 1名

大学院時代の生活は?

臨床や研究をしっかりする必要があるため、バイトはあまりできません。(土日でやっている学生はいます)
奨学金制度や学費の助成制度も充実しているので、個別にご相談ください。

もし興味があれば・・・研究室まで遠慮なくご連絡ください。

鳥巣のメールアドレスtorisuⓇcc.miyazaki-u.ac.jpⓇを@にしてメールください。

件名に【大学院希望】とつけてくれると助かります。

鳥巣研究班

宮崎大学農学部獣医学科 動物病院研究室 鳥巣研究班 鳥巣至道
TEL:0985-58-7286(動物病院受付)

住所:宮崎県宮崎市学園木花台西1-1